2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーの話

2014-01-28 14:25
スピーカーの話


1-1-IMG_2672.jpg

写真は二号愛用の自作スピーカー。長岡鉄男設計のBS-69 (愛称:ボトル)。260W×230D×400H。fostexのFE-126 (直径12cm)を装着。アンプのBASSを+8にすると50~16KHzがフラットという驚異のf特。

f特というのは「周波数特性」の略で、どの周波数帯をどのレベルで再生できるかをグラフにしたもの。低音域から高音域まで平らに再生できることが理想。これのみが音の良し悪しを決定するものではないが、測定器が計測できる、また人間が視覚的に確認できる唯一の指標である。f特から音色は見えない。

低音域用のウーファー、高温域用のツウィーターに分ける2way・3wayスピーカーが流行っているが、これは音質に関して良い所は一つもない。しかしf特を平らにするには一番簡単な方法であり、またルックス的にカッコいいので売りやすい。この大ヒットが往年のヤマハNS-1000Mだった。

以後内外のオーディオ機器メーカーはそれに右へ倣いとなる。理想は1本のSPユニットで全音域を平らに鳴らせることだが、現実にはそんなものは存在しない。マルチウェイ化に対するもう一つの選択肢は、箱に工夫を施して低音域を増幅するという方法だ。歴史的にはこちらの方法が古い。

バスレフ、ダブルバスレフ、バックロードホーン、共鳴管などは箱に対する工夫の方式だ。BS-69 (ボトル) の大きなエントツもそれであり、ダテや酔狂で付いてるのではない。このエントツはオーディオ用語では「ダクト」と呼ばれ、一種の排気口である。このダクトによって低音を増幅している。

低音域は箱の工夫で増幅可能だが、高音域はそれができない。だから1本のユニットで全音域を平らに鳴らすためには、高音域の再生が得意なユニットを選ばざるをえない。そうすると必然的に8~12cmの小口径のものとなる。口径が16cm位になると13kHz以上の高音は再生しにくくなってしまう。

2way/3way と 箱の工夫、どちらがいいのか?これは言葉では説明できない。自分の耳で聴けばわかる。「ベールが剥がれる」「雲が晴れる」という表現の意味が実感できるだろう。小口径ユニット1本のスピーカーの唯一の弱点は、耳が痛くなるほどの大音量は出せない、ということである。

我々は普通スピーカーの表側から発せられる音を聞いているが、実は裏側からもまったく同じ音が出ている。ただし位相は逆だ。表の音が+なら、裏の音は-である。この両者が混合すると打ち消し合って理論上ゼロになる。この混合を避けるためスピーカーは壁に埋め込んだり、箱に装着するのである。

陽陰 (正負、+ー) は和合すると透明になるのだ。そしてスピーカーの箱に施す工夫というのは、裏側から発せられた負の音を積極利用することにほかならない。位相が逆の音波は、わずかに時間差を与えると同相に転じる。つまり負の音が箱の内部を通る間に、遅れて正の音に転じるというわけなのだ。

そうなれば音波は増幅される。また幸いなことに、高音は減衰しやすくて遠くまで届かない。高音は箱の内部で消滅してしまうのだ(完全にではないが)。その結果、低音だけが取り出されてダクトから出てくるという具合だ。かくして我々は低音域部分の増幅を実現するのである。めでたしめでたし。

2way・3wayスピーカーで問題なのはウーファーだ。ウーファーは見てわかるように振動板 (コーン) が大きくて厚くて重い。この重量を駆動するには大きな電力が要る。つまり鈍感なのである。相当な電力を入れないと (ボリュームを上げないと) まともに音を出さないのだ。

f特は限界の大音量で測定する。ところが音質を左右するのはマイクロワットという微弱電力を再生する能力だ。この微弱信号を我は「音の靄」と呼んでいるが、これが再生できるか否かがオーディオの命である。鈍感なウーファーは「音の靄」の再生は困難。特に一般家庭での小音量では到底不可能である。

特に2wayスピーカーの場合、可聴帯域の大半をウーファーが受け持つ。これでは出てくる音は非常に大雑把な音にならざるを得ない。微妙な音は原理的に表現できないのである。ただ最近の我々はそんな音に慣れているという現実があり、制作側もそれに合わせて音作りする傾向があるように思われる。

繊細な「音の靄」を再生できるスピーカーで聴く時、マイク2本で比較的遠距離から録った古典的な録音の方が、ずっといい音に聞こえるものだ。


@gejirin1 Twitter 2014/01/26・27


マスコミに 踊らさる民
いましむる 評論家これ
マスコミなりき


スポンサーサイト

うた

2014-01-28 14:14
うた


和歌などは普通の文に比べて説明が少ない。これがいい。読み手は暗号やパズルを解くように一語一語に集中する。また読み手によって理解が違う。作者の真意はわかる人にはわかるが、わからん人にはわからん。これもいい。わからん人の誤解を気にせず本音が言える。また美しい五七リズムは辛辣もやわす。

初めて読んだ時の理解は、二回目、三回目では変わってくる。人に合わせて言葉は進化する。はじめはわからん人も、遂には真意を理解し得る。そして歌ならば心に留まりやすい。
 
ももちこころみ はるかなる おくのかみちえ まさにいるへし


@gejirin1 Twitter 2014/01/26



一二三

2014-01-28 14:12
一二三


洋の東西を問わず「一」は「起り・始まり」を意味する。おもしろいことに「一」は「すべて」でもある。他に何もないのだから。one = all = whole である。だからallは単数形扱いだ。陽陰に分れる前のミヲヤは「一」であり、同時に「すべて」であった。

英語の「one」は、仏語では「un」伊語では「uno」。「one」は「an (冠詞)」や「uni」にも転じる。
頭音に注目すると「ワ」音が「ウ・ア・ユ」音に変化しているわけだ。
これらを二号は変態と呼んでいるが、早い話が訛りだ。同様の訛りは当然ヤマト言葉にもあると考えるべきだ。

ミヲヤは自らを分けた。「ニ」の誕生だ。「ニ」は「分かれ・対・ペア」また「陽陰・男女・父母」の発生を意味する。「一」を父と見た場合には「ニ」は母を意味する。「陽陰」は「1なるものの2相」であって、単独では意味を成さない。また自然界には通常存在しない。単極の磁石は造れないのだ。

「two」は伊語では「due」仏語では「duex」で、「トゥ」は「ドゥ・デュ」に訛る。どちらが元かはわからんが。また「duo」「double」「twin」「twelve」「twenty」などの語を作る。そしてまた「対する・匹敵する」という意味から「to (前置詞)」が生まれる。

陽陰に分かれたミヲヤは「あひ (合・愛)」「やわし (和し)」を実地に経験できるようになった。陽陰をふたたび一つに和してみると、なんと別のものが分れ出た。「三」の誕生であった。1+2=3。 父+母=子。陽+陰=人。「三」は「融合・調和」、「派生・発生」、「化け・繁栄」を意味する。

「three」は、伊語では「tre」仏語では「trois」だが、「tri」「thri」「thir」などにも変化する。「tres bien (素晴らし)」「triple」「tree」「thrive (繁栄)」「thirty」などの語をつくる。「躍動・繁栄・すごい」の意の語が多い。

ミヲヤは純真無垢にして、自分が何者かも知らぬ無知の存在であった。自分を知るために、そのモノサシを得るために陽陰に分かれ、無数の子に分かれた。無数の子の経験がミヲヤの知となる。この世・あの世に存在するすべての意識を和す時、再び統一体のミヲヤとならんが、はたしてミヲヤはその時を待ち望んでいるのだろうか。


@gejirin1 Twitter 2014/01/25


うけすてめ つのがあらしと
あめひぼこ やまとはまめに
うちとをわけず

おのかほし たたそれのみに
まつりこと えらみてなそほ
いまたきつかす

とのみちか とほれはこその
やまとくに やわなきくにに
やさかあるまし

やわすとは おのれとよそお
わけぬさま うわへのやわは
そのさかおゆく



精神と神経とH

2014-01-28 13:44
精神と神経とH


『精神』という語の意味を考えた事があるだろうか?
これは「神の精髄」という意味だ。
『精髄』は「純粋成分・本質・素・エッセンス・スピリット」という意味。
だから酒の主成分もスピリットと言う。
やまとことばでは「なかご(中子・中心)」また「こころ(心)」と言う。
精神、なんと本質をついた語だろう。


一方『神経』という語もある。
これは「神の縦糸」という意味だと思うが、よくわからない。
ただ「縦と横 (経と緯)」には「主と副」「先と後」「メインとサブ」の関係があることを、ホツマやミカサの記述からうかがい知ることができる。


話変わって、「H」は「エイチ」と発音するが、これは「エイト(eight)」と同じ。
8番目のアルファベットだからだろう。

では「eight」は何を意味するのか? これは「height」(高み・高さ) と同じなのだ。
 
つまり「H」=「八」=「高み」=「タカマ」だ。 これマジよ。


@gejirin1 Twitter 2014/01/23



もってのほか

2014-01-28 13:21
もってのほか


ホツマでは毒消しとして、「セリ」「ダイコン菜」「カブ菜」「菊」を食べなさいと言っている。二号は子供のころ野菜が嫌いだったが、上記の野菜だけは何故か好きだった。もちろん今でも。新潟県では秋の味覚として「菊の花」を好んで食べる。『かきのもと』とか『もってののほか』という名の菊種だ。

「もってのほか」は「おもいのほか」とも呼ばれる。
それで思い出したが、「もってのほか」は「もふてのほか (思ふての他)」の音便だろう。



@gejirin1 Twitter 2014/01/22



素直とは 上も辺も寄らず 中を行く
初より一方に 傾くなかれ



プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。