2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギー泥棒

2014-02-03 18:27
エネルギー泥棒


『他人から愛されたい、可愛がられたい』と思うのは
『他人からエネルギーを盗みたい』と思っていると同じである。


『他人から愛されたい、可愛がられたい』と思う者は、
それが得られない時
 
「すねる」「泣く」「わめく」「怒る」「死のうとするフリをする」・・・
 
あらゆることを試し始める。


どうして他所から愛/エネルギーを吸収したいと思うのか?
 
自分に愛/エネルギーを創造する力があるとは思ってもいないからだ。
もらうものだと固く信じているからだ。
 
これが子羊 (犠牲者) である。
彼らの幸/不幸は他所から奪えるエネルギーの量で決まる。


自分だけじゃなくてみんなそうだと思っている。
実際そうだろう。
よってこの世は奪い合いの世界となる。


こんな話を読んだことがある。
地獄には様々な地獄があるが、どの地獄にも同類が集まる。例えば盗人地獄というのがあれば、そこには盗人ばかりが集っている。
彼らはそこで互いに盗み合うが、盗んでも盗んでもまた盗まれるので、その内にバカらしくなる。
この時、その地獄から脱出するという。


どこか現世と似てるが、こっちはまだ奪い合いに飽きていないらしい。 むしろ楽しんでいるようだ。 奪い合いがバカバカしく思えるのはいつのことなのだろうか。


「奪い合い」は方向性を+-を逆にすれば「与え合い」と等価だ。ユダヤ教のエッセネ派達はその小社会でこれを実践したという。
『乞われたものは何でも与えるべし』という律があった。
これも、欲しいと言ってもらっても、乞われればまたすぐ与えねばならない。同じだ。でもこの方が早く飽きそうだ。


何故なら「奪う・盗む」という行為は基本的に「隠れて」行うものだからだ。相手に気づかれなければそれで済んでしまう。また金品以外の場合では、自分が奪っていることにも気づいていない場合が多い。だから気づかれ、気づくまでは止むことがない。一方「与える」の場合には無意識ということは少ない。


それにまた「奪い合い」はおもしろ楽しいゲームなのだ。トランプ、花札、将棋、囲碁、パチンコ、公営ギャンブル、スポーツ、ミスコン、選挙 ・・・ みな奪い合って勝敗を決するゲームだ。
勝ってうれしく負ければくやし、いずれにしてもやめられぬ。これぞこの世の醍醐味か。

@gejirin1 Twitter 2014/02/03


スポンサーサイト

ビリーフ・システム

2014-01-28 13:51
ビリーフ・システム



我々はよく「~だから ・・・ だ」という論法を使う。「~」の部分をよくよく検討しなければならない。それはどこかで読み聞きしたことを信じて、受け売りしているのではないのか?偉そうな人の発言、本や新聞の記事、TVの報道、これらを真実と信仰しているだけでは?人は自らすすんで洗脳されたがる。

特に若芽の時に受けた洗脳、それによる信仰は生涯に渡って影響をおよぼす。まるで鳥類の「すりこみ」のように。義務教育の狙いがここにある。征服者が征服地の言葉を替える意味も。マインドコントロールのいとも容易いことよ。この時点で人は自分で自分の答えを見出すことをやめてしまう。

そりゃそうだ。多数が信じている理屈を覚えて使った方が簡単だからだ。それに逆らって自分の答えを押し出しても何の得もない。押し潰されるだけだ。こうして洗脳は完成、我々の生活はその洗脳の上に築かれる。よって我々の行う (善悪の) 判断は、常に多かれ少なかれ洗脳・信仰の影響を受けている。

このようにして我々が持つにいたった信仰の複合体を、霊人たちは「ビリーフ・システム (belief system)」とか「マス・コンシャスネス (mass consciousness)」とか「集団催眠 (mass hypnosis)」「マトリックス (matrix)」などと表現している。

@gejirin1 Twitter 2014/01/24




現実という名の幻想

2014-01-09 11:18
現実という名の幻想
 

人はみな自分は地球に生きていると信じている。しかし本当だろうか。よく考えて見ればわかるが、すべてのことは人体の五感の信号を脳が処理して作り上げている虚像・幻想なのだ。五感と脳の接続を切った時、我々の世界観はどうなるだろう。まったく違うはずである。おそらく場所や時間の概念はそこには無いだろう。生死の区別もなくなるだろう。夢と現実の区別もできなくなるのではないだろうか。

しかしあなたは生きている。唯一自分の意識だけは活動している (注:意識は脳がつくりあげているものではない)。しかし五感のない状態では、現実と空想を区別する手がかりはなくなる。もはや現実とイマジネーションには何の違いもない。これはある意味あの世と同じ状況である。

地球に生きていると言う現実も、五感によって粉飾されてはいるけれども、実はイマジネーションなのだ。このイマジネーションできる能力こそ、神 (クリエーター) だけがもつ能力である。したがって 我々の意識=神 (クリエーター) なのである。実在するものは我々の意識の他には何もない。"我思う 故に我あり"、"I am that I am" なのである。

「現実=イマジネーション」であるならば、自分の好ましい現実をイマジネーションすればいいのであるが、ここにマインド (脳) と人類の集合意識による疑いが介在してしまう。これが地球次元の難しいところだ。「イマジネーション=現実」に対する100%の信頼が要るのである。100%というのは息をするように当たり前になっている状態である。「そんなことできるのか? 試してみよう!」ではだめらしい。 歴史上ほんのわずかな人間だけがこの奇蹟を実現しているという。

ところが時代は変わった。今後しだいにマインド (脳) の中継がなくなっていき、意識と五感が直結するようになり、五感自体もこれまでよりずっとセンシティヴなものに変わっていくという。そのため我々のDNAは現在急速に変貌しているという。 しかし人体の五感やDNAだってイマジネーションの産物であるわけだから、この説明とて喩えであろう。


2014/01/28追加

映画などに心を投入している時、身は地球次元にありながら、我らは別の次元へトリップしている。空想や夢でも同じこと。火星に想いを馳せれば瞬時にそこへ移動している。この速度は光速をはるかに超える。ゼロなのだから。

そして別次元 (あの世) にいる自分、これがオーヴァー・ソウル (over soul) とか本つ神 (もとつかみ) とか言われる存在ではないかと。

物質次元の万象は、
第二宇宙の自分のイマジネーションの産物。
第二宇宙の万象は、
第一宇宙の自分のイマジネーションの産物。
しかして第一宇宙の自分とは何者?


第三宇宙は存在するのか?
存在する。第一宇宙の自分と第二宇宙の自分が融合を果たした時、その意識は第三宇宙をつくる。
この融合は「アセンション」と呼ばれ、これは物質次元 (地球) においてのみ為され得る。この融合を果たした意識は「アセンデッド・マスター」と呼ばれる。

よってconsciousness.jpg のシンボルは発展途上の自分を表している。
 
最終的には中の点と外の丸枠は一つに融合して一体化する運命にある。日の丸になる。
 
そしてそうなる時代は到来した。
現時点ですでに2人の融合成功者が地球を歩いているという。

アセンションは過去にもなされていた。しかし「Ascension」が「昇天」と訳されているように、それは「肉体を離れる」つまり「死」とほぼイコールだった。
しかし今後は違う。肉体を持った人間のままアセンションするのである。これは「Living Ascension」などと呼ばれる。


やわすとは おのれとかみの
へたたりを のぞくこととは
つゆもしらずて


参照:『あめなるみち -神の見る夢-』http://gejirin.com/amenarumiti.html




無と有の本質

2013-07-17 18:01
無と有の本質

無というのは天秤が完全に釣り合っている状態を言う。
この状態は人の目には透明に映る。
この均衡が破られる時、エネルギーの種が生まれる。
エネルギーとは「偏った状態が均衡状態に戻ろうとする力」「揺り返し」に他ならない。
だから偏った状態を随意に作り出せれば、地球のエネルギー問題は解決する。
簡単である。天秤の支点の位置をずらせばいいのだ。



明日のために今日を生きているのではない

2012-12-21 12:00
明日のために今日を生きているのではない  by 眠狂四郎


大方の人間にとって人生とは、将来を心配し続けるすることでしかない。

月曜日の仕事を嫌悪しながら日曜日を過ごしている。こんな馬鹿げた話があろうか。

将来の不安、これに対してどれほどの金とエネルギーをつぎ込んでいることだろう。

本当の金持ちは知っている「大衆を脅せ、これが一番儲かる」と。

変化を恐れてはならない。



プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。