2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

ホツマツタエのおもしろ記事(13)『天の浮橋』

2013-01-14 22:37
ホツマツタエのおもしろ記事(13)  天の浮橋



『古事記』と『日本書紀』は、「天の浮橋」をおおよそ次のように書いている。


イザナギ・イザナミの二神が天の浮橋に立って、天つ神から賜った天之瓊矛(あめのぬぼこ) を、指し下して掻き探ると海が現れ、その矛の先から滴り落ちた水滴が凝り固まって、オノコロ島が現れた。


この話を読むと、天上界にいるイザナギ・イザナミの二神が、虹のように空に浮かぶ橋に立って、長大な三叉の矛を下界に刺し下ろしている姿が思い浮かぶ。



ホツマはどのように書いているだろうか。

『時に天より 二神に "ツボは葦原 千五百秋 汝 用ひて 領せ" とて トと矛 賜ふ 二神は うきはしの上に さくり熟る ほこのしづくの オノコロに 宮殿 造り』ホツマ2文

『二神の うきはしに立ち "この下に 国 無からん" と ト・矛 以て さくる みほこの 滴が 凝り成る州を オノコロと』ホツマ18文


一見、似たようなものである。
決定的に違うのは『記・紀』の「ぬぼこ (瓊矛)」に対して、ホツマは「とほこ (ト矛)」と書いている点だけである。 (日本書紀は、瓊は玉だと言っている。)
もう一つは『記・紀』が「あめのうきはし」としているに対して、ホツマは単に「うきはし」である。
しかし記紀とホツマで、その意味する所はまったくちがうのである。



『時に天より』

この「天 (あめ)」は、天上界ではない。
「高み」ということなのだが、この場合は「中心」の意で「中央政府」を指す。
東京駅と同じで、すべての線路は東京駅に集まり、東京駅を発車する電車はすべて「下り」なのである。
この時の中央政府は、暫定的ではあるが「ヒタカミ」である。


『壺は葦原』

「壺 (つぼ)」は「積 (つも)」と同じ。
「さびしい」=「さみしい」のように、ハ行とマ行の音は相互に入れ替わる。
「壺・積」は、「集中地・集積地・都市」などの意で、転じて「要・急所・中心・核」の意にもなる。人体の神経が集まる所を壺と言うのと一緒である。都市の意の場合、単に「ツ (津)」とか「ト (都)」とも言う。
ここでは「日本の中心部」という意味で「中国 (なかくに)」を指す。
中国とは「ヒタカミ (関東以北)・紀州・根国 (北陸)・サホコチタル (山陽・山陰) を除く本州」で、旧中央政権の直轄地であったが、オモタル・カシコネを最後に皇統が断絶し、この時は空き家になっていた。

「葦原」は「栄し原・映し原」で、「繁茂する場所・肥沃な場所」の意。
葦原は中国 (なかくに) の別名でもあり、また「葦原中国 (あしはらなかくに)」という言い方もある。


『千五百秋』

「千五百 (ちいも)」は、中国 (=ヤス国) にある村の総数である。
「秋 (あき)」は「あく (上ぐ・明く)」の名詞形で、すごろくの「あがり」や、売上の「あげ」に同じ。
「成熟・完成・成果・収穫」などの意である。
したがって「千五百秋」とは「中国1,500村の総収穫量」である。

『日上し所は "日高み" よりぞ 治まりし そのヤス国の 千五百村 皆 頭あり 今 これを 合せて三千の 守 治む』ホツマ23文


『トと矛』

「ト」は「とのえ (調え)」とか「じ (綴じ)」のそれで、「調和・融和」の意であるが、ここでは「トのヲシデ」の短縮。
「トのヲシデ」とは「調和のための文」という意で「経 (たて)」とか「法 (のり)」を言う。

「矛 (ほこ)」は、文字通り武器であり、ここでは「警察力」を意味する。

「経・法」によって調和の重要性を教え、それでも逆って従わない者はほころばすという、統治原理である。
「トと矛を賜う」とは、二神が、法と警察力の執行権を授けられたということであり、これはつまり「二神が天つ君となった」という意味である。


『うきはしの上』

「うきはし」は「浮橋」ではないのである。
「うきはし」は「うきはす」という動詞の名詞形で、これは辞書には無い。
「うきはす」は「うく」+「はす」の複合語である。
「うく」は、無理に漢字を当てれば「埋く」とか「和く」だろうか。
「(間を) 埋める」という意味である。
「はす」は「あはす (合わす)」と同じ。
つまり「うきはし」は「(間を) 埋め合わすもの」「渡し」「結び」「仲介」「一致協力」などの意である。
だから単に「橋 (はし)」と言うのと意味は変わらないのである。ただ「はし」は「端・箸・愛し・疾し」など多くの意味があるので、意味を明確にするために「うきはし」としているのと思われる。

「うきはしの上」は「仲介を得て結ばれた根国とヒタカミの協力関係の上」という意味で、「本来の皇統からはずれる天つ君」という、二神の立脚点を表現するものである。


『さくり熟る』

「さくる」は「しゃくる」「すくう」と同じ。「高める・上げる」の意。
「熟る (うる)」は「炒る (いる)」と姉妹語で、やはり「高める・上げる」の意。
したがって「さくり熟る」は、「すくい上げる」と同義。
ここでは、二神が経と矛によって瀕死の国と国民を救ったという意味。


『ほこのしづく』

「ほこ」は「ほく (祝ぐ・寿ぐ)」の名詞形で、「ほく」は「高め至らす・熟成する・実らす」などの意。
よって「ほこ」は「成熟・実り・成果・結実」などの意。
「しづく」は「凝縮・結晶」、また「末・端・何かの一部・はしくれ」などの意。
つまり「ほこのしづく」は「成果の結晶」「成果の一端」の意。


『オノコロに宮殿造り』

オノコロ」は、ここでは「中央・中央政府・都」の意。
「宮殿 (みやとの)」は「オキツの宮のヤヒロ殿」を指すと思われる。
「オキツボ・オキツ」は、琵琶湖の西・南岸の地域であると解っている。
二神は日本の中心のオキツボを都とし、ヤヒロ殿 (八紘殿)を造り、そこを国家育成の胞衣とする。

琵琶湖の南部には「沖島」があり、そこには「奥津嶋 (オクツシマ) 神社」がある。現在の祭神は「奧津嶋比賣命」だが、ひょっとするとこれが「オノコロ島」かという思いがしばしば頭をかすめる・・・が確証は無い。


以上をまとめると、

「時にヒタカミの中央政府より二神に、"中国 (なかくに) は肥沃な土地で、1,500もの村があり、その収穫量は抜群である。お前たち、これを用いてそれを治めよ" と、法と警察力の執行権を賜る。二神はヒタカミと根国の協力関係を背景に、瀕死の国と国民を何とか救い上げる。また国力回復の成果の一端として、日本の中心のオキツボを都とし、ヤヒロ殿 (八紘殿) を造り、そこをさらなる国家育成の胞衣とした。」

おおよそこんなことをホツマは語っていると思われる。



ところでホツマには「あまのうきはし」という言葉も別の場面で出てくる。

『妹背の道 あまのうきはし よく渡す 神の教えの 妹背の 道の大旨 通るこれなり』ホツマ13文

「うきはし」は「(間を) 埋め合わすもの」「渡し」「結び」「仲介」で同じだが、「あま」は「天」ではない。
「あめ・あま」は非常に多義で、「かみ」と同様にやっかいな言葉である。その説明は別の機会に譲るが、この「あま」は「をめ (陽陰・男女)」の変態と考えていただきたい。

陽 = 男 = 上 = 天
陰 = 女 = 下 = 地   参照:ホツマツタエのおもしろ記事(12)天地創造

であり、「あまのうきはし」は「陽陰を結ぶ渡し」、つまり「男女を結ぶ仲人」を言うのである。



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma02.html
     :http://gejirin.com/hotuma03.html
     :http://gejirin.com/hotuma18.html




スポンサーサイト




ホツマツタエのおもしろ記事(12)『天地創造』

2013-01-14 16:22
ホツマツタエのおもしろ記事(12)  天地創造



ホツマの伝える天地創造の物語は極めて明瞭である。
この理論の明瞭さは外国の諸聖典にその例を見ず、世界に誇るべきである。


『天・地・人も 分かざるに 生の一意気 動く時 東 昇りて 西 降り 空洞に回り 泡・泥の 回れる中の 実柱に 離けて陰陽 成る 陽は清く 軽く回りて 天と成り 陰は中に凝り 地と成る 水・埴 分かれ 陽の空 風 生む 風も 火を生みて 陽は三つとなり 陰は二つ 背のムナモト 日と丸ろめ 妹のミナモト 月と凝り 空・風・火と 水・埴の 五つ 交わりて 人と成る アメナカヌシの 神はこれ』ホツマ14文


『天地 未だ 成らざるに アメノミヲヤの 成す意気は 際なく 動く 天元神 水に油の 浮かむ様 回る空洞の その中に 天地 届く 実柱を 回り分かるる 泡・泥の 泡は清くて ムネ陽神 泥は濁りて ミナ陰神 陽は軽ろ清く 天と成り 陰は重り凝る 地の球 背のムネは 日輪なる 妹のミナモト 月となる』
『月の水 海と湛えて 日に生める 空 動きて 風となる 風 火となれば 地もまた 水 埴となる この五つ 交わり成れる 神人は "ア・ウ・ワ" 現る ミナカヌシ』
ミカサ6文




空間も時間もなく、物質も非物質も、正も負も、陽も陰も … 何もなかった。
唯一つ存在したのは根源神「アメノミヲヤ」の意識だけだった。
ある時アメノミヲヤは、生むことを思った。生みの意志を持った。
この「生みの意志」が「ウイノヒトイキ (生の一意気・初の一息)」と表現されている。


ミヲヤの生みの意志は、「天元神」という神霊を生む。
はじめ天元神は、水に油が浮かぶように、ただ浮かび漂っていた。


ここに何らかの力 (おそらくミヲヤの意志) が働いて、時計回りの回転運動が起こる。
天元神の回転はしだいに速度を増してゆき、その回転軸に一本の柱が立つ。
この柱は竜巻をイメージするとわかりやすい。この柱を「アメツチトドクミハシラ (天地届く実柱)」あるいは「ナカクシ (中串)」と呼ぶ。


さらに速度を増して柱を回る内に、天元神は「アワ (泡)」と「ウビ (泥)」に分かれる。
これは高速で回転する内に、重い成分が下 (地) に沈み、軽い成分が上 (天) に昇ったという意味である。
泡と泥はさらに精錬されてくっきりと分離し、泡は「ヲ (陽)」、泥は「メ (陰)」の相反する属性を創り出す。


陽の泡は、軽く動き回り、「空」「風」「火」に分かれ、空間・気体・非物質をつくり、また天となる。
陰の泥は、重く内に凝って、「水」「埴」に分かれ、物質をつくり、また地となる。


陽の核心 (ムネ・ムナモト) は太陽となる。
陰の核心 (ミナモト) は月となる。


「空」「風」「火」「水」「埴」の五つが交わって、「人間」が生まれる。
この五元素は別称を「あ・い・う・え・お」と言い、日本語の5母音となっている。
地に初めて生まれた人間が「天御中主尊」である。 



               「泡・陽・天」→「空+風+火」
「生の一意気」→「天元神」<                 > 人間
               「泥・陰・地」→「水+埴」





これはまさに陰陽五行思想である。
中国のものとは内容が違うが、こちらがオリジナルだろうと思う。
日本の太古の陰陽五行思想が大陸に伝わり、あちらでいろいろいじくられて、オリジナルの思想が失われた5~6世紀頃に逆輸入されたのだと推察している。
(聖徳太子の前後の時代、日本は様々ものを輸入しているが、同時に日本古来の文化はほとんど失われたと考えている)


この思想は、「ホツマツタエ」「ミカサフミ」「フトマニ」全編の奥に流れる背景思想であり、常にこれを念頭に置いて読まないと、言葉の奥・裏にある内容を読み取ることができない。


天 = 陽 = 男 = 日 = 昼 = 明 = 高 = 清 = 貴

地 = 陰 = 女 = 月 = 夜 = 暗 = 低 = 穢 = 卑


例えば「キミ (君)」は元来は、男女一対で「キミ」と言い、
「モモヒナ/モモヒナ」「イザナ/イザナ」など、夫婦君それぞれの個別の名にも使われる。

「キ」=「貴・高・明・日」=「男」
「ミ」=「卑・低・暗・月」=「女」

なのである。




参考サイト:http://gejirin.com/hotuma14.html
     :http://gejirin.com/mikasa06.html




ホツマツタエのおもしろ記事(11)『豊受大神』

2013-01-14 11:28
ホツマツタエのおもしろ記事(11)  豊受大神



日本の古代史の中でも最も重要な人物 (神) の一人である。
しかしながら甚だしく曲解されている、というより抹消されている。
豊受大神についての曲解は、天照大御神や蛭子のそれをも凌ぐ。
もちろんこれはホツマツタエの側に立っての話だが。
陰謀説に与したくはないが、記紀における 天照大御神+豊受大神 の扱いは、作為的な改ざんが施されたのではないかと疑いたくもなる。


まずは Wikipedia の記載を見てみよう... としたら... 無い。
トヨウケビメにされている...


【トヨウケビメ】 http://ja.wikipedia.org/wiki/トヨウケビメ より抜粋
豊受大神宮(伊勢神宮外宮)に奉祀される豊受大神として知られている。『古事記』では豊宇気毘売神と表記される。『日本書紀』には登場しない。

『古事記』では伊弉冉尊(いざなみ)の尿から生まれた稚産霊(わくむすび)の子とし、天孫降臨の後、外宮の度相(わたらい)に鎮座したと記されている。神名の「ウケ」は食物のことで、食物・穀物を司る女神である。後に、他の食物神の大気都比売(おほげつひめ)・保食神(うけもち)などと同様に、稲荷神(倉稲魂尊)(うがのみたま)と習合し、同一視されるようになった。



こんな神が、日本の最高神とされている天照大御神と、伊勢神宮や籠神社にペアで対等に祭られていると思うか? お稲荷さん程度なら、末社で十分と思わんか?



「トヨウケ (豊受神)」は「トヨケ」「トユケ」とも言い、斎名 (いみな:本名) は「タマキネ」。
ヒタカミ国を統べる「タカミムスビ (高皇産霊神)」の五代目である。もちろん男性である。
初めから話すと長くなるので、まずはこちら『日高見国』を読んでいただきたい。




時の中央政府は「オモタル (面足尊)」と「カシコネ (惶根尊)」を総帥としていた。

この中央政府の総帥を「アマツヒツキ (天地つ日月)」という。「天地を照らす日と月」という意で、「日と月」は「地球を廻って照らす太陽と月」を表すと同時に、「陽と陰/男と女」の意味を持つ。クニトコタチの世代の人は陰陽両性を併せ持っていたが、ウヒヂニ・スヒヂニ以降男女に別れたので、天地を廻って恵む日と月の役目を果たすためには、男女一組の夫婦であることが要請されたのである。また「アマツキミ (天地つ君・天つ君)」「アマキミ (天地君・天君)」とも言う。「アマツヒツキ (天地つ日月)」は、現在では「天つ日嗣」と曲解されている。

オモタル・カシコネは、姉妹国のヒタカミの協力も得て、ほぼ日本全土を統一していた。
しかしこの天君には世継ぎの御子が生れることがなく、ついにミナカヌシ以来の皇統は断絶する。
中央政府を失った日本は、次第に荒廃していく。

『六代の嗣 オモタルの神 カシコネと 八方を恵りて 民を治す 近江 安曇の 中柱 東はヤマト ヒタカミも 西はツキスミ 葦原も 南 阿波・ソサ 北は根の ヤマト ホソホコチタルまで 及べど 百万年 嗣子なく 道 衰ひて 弁別 無』ホツマ2文



この窮状をなんとかするため、タカミムスビのタマキネはヒタカミに元明の四十九神を勧請し、『天のタカマ』を地上に写して『地のタカマ』とする。
これによりヒタカミも天上の神の顕現の地となり、地理的に辺境にありながらもタカマ (中央政府) たる資格を得る。これを以てタマキネはトコヨの道 (トコヨ神の皇統たる資格) を受けて『東の君』と認定され、『外廻のトヨケ守』とも呼ばれることになる。

『五代のミムスビの 斎名タマキネ 元明を 写す タカマにアメミヲヤ 元々 天並 三十二神 纏れば "外廻のトヨケ守" 東の君と 道 受けて 大嘗事 (天君の行う政治) も 真榊の六万に継ぎて』ホツマ4文



タマキネは暫定的にヒタカミをタカマ (中央政府) とし、本家の立場を引き継いで日本全土を総括した。
タマキネは、自分の娘のイサコ (伊弉冉尊) と、根国を治めていたアワナギの子のタカヒト (伊弉諾尊) を結婚させ、その子を以て天君とし、真の中央政府を復活しようと図る。

『タカミムスビの 五代守 斎名タマキネ トヨウケの 姫のイサコと うきはしを ハヤタマノヲが 渡しても 融けぬ趣き 融き結ぶ コトサカノヲぞ』ホツマ2文
『ケタツボの 西南のツクバの イサ宮に 頷きあみて イサナギと イサナミとなる』
ホツマ2文



こうして夫婦となったイザナギとイザナミは「天地つ日月の君」となり、近江の「オキツボ」を都とする。
「ヤヒロトノ (八尋殿・八紘殿)」を建て、ここを中心として全国を巡り、退廃した日本に再び「経矛の道 (法と戒の道)」を敷き、臣民を指導し、産業を復興させてゆく。

『"ツボは葦原 千五百秋 汝 用ひて 領せ" とて 経と矛 賜ふ 二神は うきはしの上に 栄くり得る 果の雫の オノコロに 宮殿 造り 央ヤマト 万物 生みて 人草の 食も繭醸も 道 成して 弁別 定む 功や』ホツマ2文



こうして中央部から地方へと、次第に法による秩序が回復して行き、産業の復興も軌道に乗り始めた。
この時点で、イザナギ・イザナミの二神にはすでに「ワカ姫 (蛭子)」が生まれているが、まだ世嗣の御子は生まれていない。オモタル・カシコネの記憶がまだ生々しい時だけに、二人は世嗣の重要性を痛いほどに感じていた。

ミナカヌシに始まるクニトコタチの皇統がオモタル・カシコネで断絶し、その後を受けて天つ君となった二神の立場は苦しい。「妥協の暫定政権」とでも言うべき立場である。二神の世嗣にはクニトコタチに匹敵する高貴さが要求される。並の世嗣では世の臣民は納得して服わないだろう。二神を「天地つ日月」に仕立てたトヨケ (豊受神・タマキネ) もそのことを痛感していた。

『鑑みれども 神孫の 千五百 大人ある その中に 陽陰の道 得て 人草の 嘆きを和す 守 あらず あらねば道も尽きんかと』ホツマ4文



トヨケは「ツキカツラキの斎鳥山」(山形県の鳥海山) に「世嗣社」を建て、二神の世嗣に尊い神が降誕することを願い、8,000回の禊を以て根源神「アメノミヲヤ (陽陰の上祖)」に祈る。

『ツキカツラキの 斎鳥山 世嗣社の 色垂は アメノミヲヤに 祈らんと トヨケ 自ら 禊して 八千座 契り』ホツマ4文



豊受神の別名「大物忌大神」は、トヨケが行った「8,000回の禊」を示す名前である。
トヨケの願いは聞き届けられ、根源神アメノミヲヤの左右の眼に相当する、日と月 (太陽と太陰) の神霊が、二神の御子として降誕することになったのである。

『抜きんづる 厳霊 神祈 通りてぞ アメノミヲヤの 眼より 漏るる日月と 天元神 三十二の神の 守る故 子種 成ること 覚えます』ホツマ4文



こうして世に誕生したのが斎名ワカヒト・アマテル神 (陽陰垂る神) 、つまり天照大御神である。
21鈴125枝31穂 キシヱの一月一日にハラミ (富士山。大日山ともいう。) のサカオリ宮で生れ、ヒタカミのトヨケのもとで教育される。

『時 二十一鈴 百二十五枝 三十一 キシヱの 初日の出 若日と共に 生れませば 斎名ワカヒト 産宮は ハラミサカオリ』ホツマ28文

『到る ワカヒト ヒタカミの 陽陰の宮にて 道 学ぶ 三十年に知ろし 宮 造り 大日山下に 政 執る 天二神の 譲り 受け 天日の御子と』ホツマ28文



そして21鈴126枝58穂 サナト 三月一日 ヒタカミから富士山麓に戻り、サカオリ宮をヤスクニ宮に改め、即位するのである。

『二十一鈴 百二十六枝 年 サナト 三月一日 日の山下 新宮 造り 天御子は ヒタカミよりぞ 移ります』ホツマ6文



豊受大神が天照大御神とペアで祭られる理由がわかっていただけただろうか。
豊受神についてはまだまだ書き足りないので、また機会を改めて書こうと思う。




参考サイト:http://gejirin.com/hotuma02.html
     :http://gejirin.com/hotuma03.html
     :http://gejirin.com/hotuma04.html
     :http://gejirin.com/src/To/toyoke.html




プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR