2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

ホツマツタエのおもしろ記事(28)『蓬莱』

2013-01-20 09:32
ホツマツタエのおもしろ記事(28)  蓬莱



「蓬莱 (ほうらい)」は、辞書には次のようにある。

1.中国の神仙思想に説かれる三神山の一。山東半島の東方海上にあり、不老不死の薬を持つ仙人が住む山と考えられていた。蓬莱山。蓬莱島。よもぎがしま。
2.富士山・熊野山など霊山・仙境の異称。
3.熱田神宮の異称。

ホツマは「蓬莱山」は「富士山」、「蓬莱島」は「熱田神宮の所在地」であることを語り、「蓬莱」は「ハラ」に漢字を当てたものであることを教えてくれる。



ホツマは「富士山」について、「カグヤマ(橘山)」「オオヒヤマ(大日山)」「ヒノヤマ(日の山)」「オオヤマ(大山)」「コノヤマ(熟山/九の山)」「トヨヰユキ山(豊居雪山)」「フシの山(不二の山・悉の山)」等、非常に多くの異名を伝えている。そのうち最もスタンダードな名称は「ハラミ山」であり「ハラ山」とも言う。



【橘山 (カグヤマ)】

日本に下ったクニトコタチが、トコヨの木 (橘) を植えたことによる名称。奈良の香具山と区別するため、こちらを「天のカグヤマ」とも言う。

『クニトコタチの 八下り子 木草を苞の ホツマ国 東 遥かに 熟み 高く 発ち上る日の ヒタカミや タカミムスビと 地 統べて トコヨの木を ハラミ山 カグヤマとなす』ホツマ4文

『久方の 天の橘山 遠離方より 岨 渡り来る日 細嫋 腕を巻かん とはすれど』ホツマ40文



【大日山 (オオヒヤマ)】【日の山 (ヒノヤマ)】【大山 (オオヤマ)】

アマテル神の誕生を記念して命名された。生まれたてのアマテルが自ら発声したという「オホヒルキ (大日霊貴)」から来ている。

『その御名を 大日霊貴とぞ 称えます … 故にハラミを 大日山』ホツマ3文

『御子は天日の 位 乗る 日の山の名も 大山ぞ』ホツマ6文



【熟山 (コノヤマ)】

「この」は「こぬ」の名詞形で、「こぬ」は「こなす (熟す)」「こなれる (熟れる)」「こねる (捏ねる)」などとファミリーで、「高まる・優れる・至る・精緻である」などの意。つまり「このやま」は「優れ至る山・至高の山」という意味である。

『君 熟山に 登り見て ナカゴ 安めり』ホツマ24文

『ハラミ山 一奮 栄けよ ふしつるの 名をも縁の 熟山よこれ』ホツマ32文



【九の山 (コノヤマ・クノヤマ)】

この名は、富士山頂火口壁上の八峰 (芙蓉八朶) に、現在は存在しない中峰の「ヰツアサマ峰」を加えた9峰を指して言う。ただ八峰についても、富士はその後何度も噴火しているので、現在の八峰とは違うはずである。
ホツマによれば、八峰は、ニハリの民が麓の八湖を掘って、その土を山頂に盛ったものであるといい、中峰は、ウツロヰが琵琶湖を渫って、その土と人を風に乗せて運んで造ったものだという。

『ニハリの民が 群れ来り 湖 掘り 土を 峰に上げ "八房 はかり" と 天に応え』ホツマ24文

『ウツロヰが アワ海 渫え ミオの土と 人 担い来て 朝の間に 中峰 成せば 上の名も ヰツアサマ峰』24文

『中峰の 充てはアワ海 八峰は 裾の八つ湖 三つ 埋まり 焼くれど 眺は 変らじと』ホツマ32文

『半ば旧り 半ば湧きつつ 九の山と 共 統つまりの 熟山よ これ』ホツマ32文



【豊居雪山 (トヨヰユキヤマ)】

上記の富士山頂の八峰に、雪の絶えることがないことから付いた名。

『我が君の 山を八房の 居雪 成す』ホツマ24文
『八峰に 居雪 絶えねば 代々の名も 豊居雪山』ホツマ24文



【不二の山・悉の山 (フシノヤマ)】

もっとも新しい名で、これが富士山につながる訳だが、この由来はいささか込み入っている。
孝霊天皇がハラミ山に御幸した際、この山の歌を詠む。

『半ば旧り 半ば湧きつつ 九の山と 共 統つまりの 熟山よ これ』ホツマ32文

 [朽ち崩れたり噴火したりするけども、山頂の九峰といつも一緒である熟山よ]


「一緒である」というのは「ふしつる (付し連る)」ということである。
この時、田子の浦人が「ふしのはな (藤の花)」を奉る。浦人とは「うみっぷちの人 (海縁の人)」である。だから「ふしのはな」は「縁の餞」でもある。これらを踏まえて天皇は歌う。

『ハラミ山 一奮 栄けよ ふしつるの 名をも縁の 熟山よこれ』ホツマ32文


「ふしつる」は「悉し達る」(うまい漢字が無い) で、「一奮 栄く」の言い換えである。これに先ほどの「付し連る」「藤蔓」「縁連る (海縁の人が持って来る)」が掛かっているのである。

つまり「フシの山」とは、「ひときわ栄える山」「九峰と不二一体の山」「海縁の人が藤の花を捧げた縁を持つ山」という多くの意味が重なっているのである。



【ハラミ山・ハラ山】

「ハラミ」は複数の意味をもつが、その一つは「ホナ(栄菜・映菜)」「ハナ(老菜)」「クサ(身草)」が生える山と言う意味である。この三草は「千代見草」と呼ばれ、食せば寿命を千年延ばすという。「ハラ」は「ハラミ」の簡略形と考えて良い。

『我が常の食 千齢見草 余の苦菜より 百々苦し 苦菜の食に 存えて』ホツマ15文

『たまゆらに 千・万 あれども 弥々の肉 シナ君  "出でて 千齢見草 尋ぬ" と嘆く』ホツマ15文

『天神の 桑に周らす ハ・ラの菜の 苦きに形 頑く成し 百万寿を 守るべらなり』ミカサ4文

『百草あれど ハ・ラ・ミの三 殊 優る故 三草 褒め ハラミ山なり』ホツマ24文


千代見草が生える「ハラ山」が「蓬莱山」の正体だと思われる。


(「ほうれん草」も「蓬莱草」で千代見草を意識した名であるような気がする。日本においてはそれほど歴史のある野菜だと思えないが、名付け人は千代見草とハラ山のことを知っていたのだろうか。それとも単に「よもぎ (蓬)」からの連想だろうか。)



【蓬莱島】

熱田神宮の6万坪の境内は、古来「蓬莱島 (ほうらいじま)」と呼ばれている。
ヤマトタケ (日本武尊) は蝦夷を平定して、アイチタのミヤズ姫 (宮簀媛) の実家に戻るが、この時にハラの宮 (蓬莱の宮) を写して、ミヤズ姫と一緒に住みたいという希望を漏らしていた。ヤマトタケの死後、生前の希望通りにアイチタにハラ宮をコピーした宮が建てられる。これを「新ハラ宮」といい、神となったヤマトタケを祭る宮となった。これが熱田神宮である。

『サカオリの 宮は昔の ハラの宮 なお存えり 我が願ひ 写して姫と 楽しまん』ホツマ40文

『若宮の 願いのままを 申し上げ アイチタに建つ 宮 成りて』ホツマ40文

『この時 ヲシカ タタネコと 尾張連と 新ハラの オホマの神と 名付くなり』ホツマ40文



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma24.html
     :http://gejirin.com/hotuma32.html
     :http://gejirin.com/hotuma40.html



スポンサーサイト




ホツマツタエのおもしろ記事(27)『つぼね』

2013-01-20 08:00
ホツマツタエのおもしろ記事(27)  つぼね



「つぼね (局)」の原義は「他と区別されるまとまり」で、「分割・区画・区分」の意であり、「部屋」と同じである。そこから発展して「ある区画に居る人」の意も自然に生まれてくる。
我々は「つぼね」と聞くと、「大奥の御局様」を連想する。徳川家康は皇室に倣って大奥の制度を導入したと推測するが、その起源は実に、アマテル神 (天照大御神) にまで逆上るのである。



ヒタカミでの教育を終えたアマテルは、生まれ故郷の日の山 (富士山) の麓に戻る。ここに新たにヤスクニ宮を造り即位する。

『二十一鈴 百二十六枝 年 サナト 三月一日 日の山下 新宮 造り 天御子は ヒタカミよりぞ 移ります』ホツマ6文


アマテルの両親である二神は、を選ぶように命じるが、これを「みめ」あるいは「ゐめ」と呼んでいる。
「みめ」は「みむ (見む/貢む)」の名詞形、「ゐめ」は「ゐむ (斎む)」の名詞形。いずれも「侍る者・世話する者・貢ぐ者・いつく者」の意で、「いつき (斎)」と同義である。だから「みめ・ゐめ」は、伊勢神宮の「斎王」や「御杖代」と同じ者を指しているのである。辞書を見ると「みめ (御妻・妃)」と漢字が当てられている。

それを受けてカンミムスビのヤソキネが皆と相談して選定した。この部分ミカサフミでは、タカミムスビとヤソキネが選んだとあって食い違っている。タカミムスビだとすると7代目のタカキネを指す。

『二神 見侍を 御言宣 カンミムスビの ヤソキネが 諸と議りて』ホツマ6文
『二神 斎侍を 御言宣 タカミムスビと ヤソキネが 諸と議りて』ミカサ4文


『クラキネが マス姫モチコ 北のスケと その妹姫 ハヤコ コマス姫 北の内后』

『ヤソキネの オオミヤミチコ 東のスケに タナハタコタヱ 東の内侍』

『サクラウチが姫 サクナタリ セオリツホノコ 南のスケに ワカ姫ハナコ 南の内侍』

『カナサキが姫の ハヤアキツ アキコは潮の 八百会子 西のスケ 内は ムナカタが オリハタオサコ』

『乙侍は トヨ姫アヤコ カスヤが姫 イロノヱアサコ 南の乙侍 カダがアチコは 北の乙侍 ツクバハヤマが ソガ姫は 東の乙侍ぞ』




整理すると、

【北局】
典侍:マス姫モチコ     (根・サホコチタル国 クラキネの娘)
内侍:コマス姫ハヤコ    (       同上       )
乙侍:アチコ        (ヤマシロ国 カダの娘)

【東局】
典侍:オオミヤ姫ミチコ   (ヒタカミ国 ヤソキネの娘)
内侍:タナハタ姫コタヱ   (     同上     )
乙侍:ソガ姫        (筑波国 ツクバハヤマの娘)

【南局】
典侍:セオリツ姫ホノコ   (ホツマ国 サクラウチの娘)
内侍:ワカ姫ハナコ     (     同上     )
乙侍:イロノヱ姫アサコ   (筑紫国 カスヤの娘)

【西局】
典侍:ハヤアキツ姫アキコ  (筑紫国 カナサキの娘)
内侍:オリハタ姫オサコ   (筑紫国 ムナカタの娘)
乙侍:トヨ姫アヤコ     (    同上    )



天君の住居を「だいり (内裏)」というが、内裏の東西南北の区画を「つぼね (局)」と言い、それぞれの局に詰める「斎きの侍女」もまた「つぼね (局)」と呼んだのである。各局にはランク順に、「すけ (典侍)」「うちめ (内侍)」「おしもめ (乙侍)」の3人が置かれた。4局✕3人=12。この数は1年の12の月に準えている。「日の神アマテルに対する12の月」ということである。

『月に因せ 御子は天日の 位 乗る』ホツマ6文

『御内には 十二の局に 置く后  四人の典侍に 四内侍と 四乙侍 添えて 月の宮』ホツマ28文



後にアマテルが都をイサワに移した時、イサワ宮の東殿を皇居とし、これを「大内宮」と名付ける。これがもとで現在も内裏の別名を「大内」と言うが、「大内」と「大奥」の語義はまったく同じである。

『南の殿に 橘 植えて 橘の宮 東に桜 植え 大内宮』ホツマ6文



そして東西南北の四局の中央には「うちみや (内宮)」があり、この宮を占有するのが「天君」と「内宮」で、今風に言えば「天皇」と「皇后」である。東西南北の局は内宮の管轄下に置かれる。また内宮は東西南北の局の他に、30人の「あおめ (青侍)」と呼ばれる下働きの侍女を持つ。

『その中一人 素直なる セオリツ姫の ミヤビには 君も階段 踏み下りて 陽陰下がる霊に 向つ姫 遂に入れます 内宮に』ホツマ6文

「セオリツ姫」の名の意味は、上の『君も階段 踏み下りて』が説明している。君=アマテル=背 (男) である。また別名の「ムカツ姫」も『陽陰下がる霊に 向つ姫』である。『陽陰下がる霊』は『天地栄る日』の意味もかけている。



セオリツ姫の抜けた南局の典侍には、美濃のカナヤマヒコ (金山彦神) の娘のウリフ姫ナカコが補充された。この姫の名の「ウリフ」が「ウリフ月 (今に言う "閏月")」の名の由来だという。

『カナヤマヒコが ウリフ姫 ナカコをスケに 供えしむ これを暦の ウリフ月』ホツマ6文



これにより東西央南北の局は、次のようになった。

【内宮】
御后:セオリツ姫ホノコ   (ホツマ国 サクラウチの娘)

【北局】
典侍:マス姫モチコ     (根・サホコチタル国 クラキネの娘)
内侍:コマス姫ハヤコ    (       同上       )
乙侍:アチコ        (ヤマシロ国 カダの娘)

【東局】
典侍:オオミヤ姫ミチコ   (ヒタカミ国 ヤソキネの娘)
内侍:タナハタ姫コタヱ   (     同上     )
乙侍:ソガ姫        (筑波国 ツクバハヤマの娘)

【南局】
典侍:ウリフ姫ナカコ    (美濃国 カナヤマヒコの娘)
内侍:ワカ姫ハナコ     (ホツマ国 サクラウチの娘)
乙侍:イロノヱ姫アサコ   (筑紫国 カスヤの娘)

【西局】
典侍:ハヤアキツ姫アキコ  (筑紫国 カナサキの娘)
内侍:オリハタ姫オサコ   (筑紫国 ムナカタの娘)
乙侍:トヨ姫アヤコ     (    同上    )



東西南北の局は交替で (おそらく春夏秋冬ごとに交替) 天君の御世話をしたという。

『東西南北の 局は替り 宮仕え』ホツマ6文



また局たちは皆、「機を織って操を通した」という。
「機を織る」というのは「まっすぐな経糸 (主・日・男) に、緯糸 (従・月・女) を隙間なくぴったり添わせて通す」という作業であり、これは妻が夫に「ぴったりと添って一筋を通す」=「操を立てる」ことを象徴する行為となるからだと思われる。

『皆 機 織りて 操 立つ』ホツマ6文

『日の道は 中節の外 月は内 男は表業 務むべし 女は内 治め 衣綴り』ホツマ13文

『皆 織り綴り 操 立つ』ミカサ4文



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma06.html




ホツマツタエのおもしろ記事(26)『真榊』

2013-01-20 03:27
ホツマツタエのおもしろ記事(26)  真榊



ホツマでは年を表すのに『**鈴 **枝 **穂』という言い方がよく出てくる。
これは「マサカキ (真榊・真賢木)」という木の成長を、年を表すのに利用しているからである。
そして「マサカキ」は別名「スズキ (鈴木)」とも言うのである。
現在は「マサカキ」と「サカキ」は同じものとされているようである。 
GKZ 植物辞典



マサカキの枝は1年に半寸伸び (これを「1穂」と言う)、60年で3尺となり (これを「アヱ(熟枝)」という)、同時に新たな枝が生える。6万年で千枝となり枯れる (これを「サクスズ(幸鈴)」という)。よって鈴木の枝の数と長さを見れば時間の経過が判る。これが鈴暦の基であった。

1穂=1年 (1~60穂) 1枝=60年 (0~999枝) 1鈴=千枝=6万穂 (1鈴~)


『年の穂の  十年には五寸 六十年に 三尺 伸ぶ ヱトの 一回り  明くる年 成る 三尺の熟枝』ホツマ28文

『熟枝 千枝に さく鈴となる』ホツマ28文

『六十年の 末生えも 六百に 十枝 生え 六万年 千枝に 尽き枯るる』ホツマ18文

『故 千枝の年 種 植えて 明くれば生ゆる 真榊を』ホツマ28文

『二兄弟 キアヱより 枝と穂と数え 一枝 六十  十枝は六百年 百枝は六千 千枝に六万を 陽陰守の 一回りづつ 暦 成る』ホツマ28文



マサカキの植え継ぎは君の御業だったことから「天のマサカキ」ともいう。真榊を植え継ぐ時は「陽陰の節」に当たると言い、陽陰のアンバランスから汚穢が発生することが多いらしい。

『我は臣なり 君 植ゆる 天の真榊 如何にせん 我は祝詞 宣んすのみ』ホツマ28文

『今年 二十四の さく鈴を 二十五の鈴に 植え替えて 節に当れば 根の国と サホコの国の マスヒトが 内のシラヒト コクミ等が 親も犯して 子も犯す』ホツマ8文
  


誰がマサカキを植え始めたのかは明らかでないが、ウヒヂニ・スヒヂニの生れる頃にその植え継ぎが五百回に達する。それでこれを「五百継の天の真榊」と呼ぶ。この時点で世に男女の別が生じ、その結合によって子孫を作るようになるなど「陽陰なる道」に大きな変化が起ったらしく、区切りとしてカウンターを "0" に戻している。

『真榊の 植え継ぎ 五百に 満つる頃 世嗣の男神 ウヒヂニの スヒヂを入るる』ホツマ2文

『諸民も皆 妻 定む 陽陰なる道の 具わりて 類 成るより 年 数え 五百継天の 真榊や』ホツマ2文

『植え継ぎの 五百に至れば 三百ハカリ 万歳 満ちて 五百継ぎの 天の真榊』ホツマ28文

『植え継ぎ五百の 後の初 五百次天の 真榊を キ・ミの御業と』ホツマ18文



これ以後を「五百継の天の真榊」に次ぐ真榊という意味でおそらく「五百次の天の真榊」と呼ぶ。そして代々の天君がこれを植え継ぐが、オモタル・カシコネの世で途絶える。(真榊の植え継ぎは君の御業であるため、他の者が代行することはできない。) しかしヒタカミでも独自に、初代タカミムスビとなったキノトコタチがハコクニ宮に「五百次の真榊」を植え、以後歴代のタカミムスビが植え継いでいた。

『真榊を ハコクニ宮に トコタチの 植えて国名も ヒタカミの タカミムスビの 植継ぎの』ホツマ28文

『東 遥かに 熟み 高く 発ち上る日の ヒタカミや タカミムスビと 地 統べて トコヨの木を ハラミ山 カグヤマとなす 五百次の 真榊も植え』ホツマ4文



その21鈴125枝にアマテルが誕生する。これを以って五代タカミムスビのトヨケは、マサカキの植え継ぎを中央政府の君の管理下に戻したものと思われる。

『時 二十一鈴 百二十五枝 三十一 キシヱの 初日の出 若日と共に 生れませば 斎名 ワカヒト 産宮は ハラミ サカオリ』ホツマ28文



時代は移ろい、50本目の真榊は植え継ぐことなく自然に生えてくる。アマテルはそれを見て自分の役目が終わったことを悟る。この鈴木が千枝二十穂に枯れるが最後、二度と生えてくることはなかった。 (『五十鈴川』『五十鈴宮』『蹈鞴五十鈴媛』などの名の由来の一端は、この五十本目の鈴木に関係すると思われる。)
カスガ (天児屋命) によって苗木の探索が行われるが空しく終わる。

『時に五十鈴 宮に生え つらつら思す "植えずして 生えるも天地よ我が命 天地が知らす"と』ホツマ28文

『国々 巡り 真榊の 二方 三方 十方 嘗て無く』ホツマ28文



そこで新たな暦を導入する必要に応じて、50鈴1000枝21穂にあたるキナヱの年を、天鈴 (アスズ) 21年と定めた。天鈴暦は1年ごとに+1するだけの、今の西暦と同種のものである。天鈴58年が神武元年に当たる。

『"暦名を 「天鈴」 とせんや" 時に姫 諸神 共に "宣なり"と 天鈴に決め』ホツマ28文

『二十一穂の キナヱの春は アメフタヱ  "天鈴暦"と 名を代えて 梓に彫りて 奉る』ホツマ28文



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma02.html
     :http://gejirin.com/hotuma04.html
     :http://gejirin.com/hotuma28.html




プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR