2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06

ホツマツタエのおもしろ記事121『大将軍』

2013-05-10 19:29
ホツマツタエのおもしろ記事(121)  大将軍


→ 前回のお話


瑞垣を 直す匠等 ウツロヰの 社木あれば 恐るるを ヲコヌシ 他の 木に移し 繕ひ 成りて また戻す これ 仮移し 障り 無し  ホ21文

  • 『瑞垣 (みづかき)』「みつ (満・瑞・蜜)」+「かき (垣・限・画)」。「尊い区画」、またその区画を限る垣を言う。ここでは後者の意。要は「君の坐す都市を囲む垣」で、「たまがき (玉垣)」「いがき (斎垣)」とも言う。
  • 『匠 (たくみ)』「た (手)」+「くみ (組み)」。 本来は「手を使って物を作る者・手工業者」の意。
  • 『ウツロヰの社木 (うつろゐのやしろぎ)』ウツロヰがアマテルによって居所とするように命じられた、東北の柳の一木。ウツロヰが落雷して破ったニハリ宮の東北の瑞垣付近にあったようだ。
  • ヲコヌシ (大国主)「大地を治める者」の意。「埴祭の法」と「宮造り法」を定めた大物主のクシヒコが、ニニキネより賜った称号。
  • 『繕ひ (つくろひ)』は「つくろふ (繕う)」の名詞形。「つくろふ」は「つくる (作る・告ぐる)」から派生した動詞で、「つくる」は「つく (付く・継ぐ・接ぐ・告ぐ)」の連体形から独立した動詞。「つく」は「合わす・収める・調える・直す」などの意。
  • 『仮 (かり)』は「かる (転る・繰る・回る)」の名詞形。「かる」は、ここでは「行き来する」「めぐる」など、「一所に留まらず変転する」の意。
  • 『障り (さわり)』は「さわる (障る)」の名詞形。「触る」と同じで、「添う・付く」が原義。これから「干渉する・差し支える」などの意となる。


またウツロヰの ヤマサ守 干支の補により 償ぎ守る 然れど主屋 造る時 強く咎むる これにより またヲコヌシに 問わしむる  ホ21文

  • 『ヤマサ守 (やまさもり)』やまさ」は多義であるが、ここでは「や (八)」+「まさ (枡)」+「もり (守)」。「まさ」は「ます (枡)」の変態。「枡」は相撲観覧の「枡席 (ますせき)」のそれで、「分け・区切・仕切」などの意。よって「やまさもり」は「8区分の守・八方の守」の意。「やまさかみ」とも言う。
  • 『干支の補 (ゑとのほ)』「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」と「ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ」と「ヱ・ト」の組み合わせで60パターンを作り、それを6回転して360日をカバーするが、1年には5日足りない。その不足を補うことを言う。
    ゑと (干支)」は「上下・陽陰・兄弟」が原義。「ほ (補)」は「ほふ」の名詞形「ほい」の簡略。「ほふ」は「おふ (負う)」「あふ (和ふ・合う)」などの変態で「合わす・足す・埋める・あてがう」などの意。
  • 『償ぎ守る (つぎまもる)』「つぐ (継ぐ・接ぐ・注ぐ)」+「まもる (守る)」の複合。「つぐなって守る」の意。「つぐ」は「合わす・足す・埋める」などの意。「まもる」は「合わす」が原義で、「仕える・治める・調える・保つ・見張る・世話する」などの意。
    ウツロヰはアマテルとニニキネによってこの干支守の補償を命じられた。
    『兄弟の末 ヤナヰカクロヒ 空 守り』 
    『ウツロヰの ヲマサ君とぞ 年のりに やしろ 賜わる』ホ21文
  • 『主屋 (あらや)』この「あら」は「あるじ (主)」や「あらか (殿)」のそれで、「中心・本拠・home」を意味する。これは『妹背鈴明2』で語られている「おなか (央中)」と同じ。
  • 『咎むる (とがむる)』は「とがむ (咎む)」の連体形。「とがむ」は「とく (退く)」から派生した動詞で「低める・下げる・しりぞける・懲らしめる」などの意。ここではおそらく落雷の災害を起こしたということだろう。
  • また八方守のウツロヰは干支守の不足を補い守る。ところが民の主屋を造る時、強くこれを阻む。よってまた大国主に問わしめる。


ヲコヌシ 曰く「汝また 民の主屋を 咎むるや」
ウツロヰ 答え「穢泥 伏せず 庭屋穢れを 我に出す 故に咎むる」 
ホ21文

  • 『穢泥 (をた)』は「おつ (劣つ)」の名詞形。「おつ」は「低まる・下る・劣る・穢れる」などの意。よって「をた」は「滓・澱・穢れ」などの意で、ここでは「糞尿」を言う。「ゑど (穢土)」「ゑた (穢多)」などの変態。
  • 『伏す (ふす)』ここでは「うす (失す)」の変態で「(人目から) 離れる/離す・隠れる/隠す」の意。
  • 『庭屋 (にわや)』とは「主屋の側の庭に設けた屋」の意で、「かわや (厠・側屋)」と同じ。昔は住居とトイレは別棟としたのだろう。これは同時に民にとって重要な「肥やしの屋」「肥溜め」ともなる。
  • 大国主 曰く「汝 また、民の主屋造りを退けるのか。」
    ウツロヰは答えて「糞尿を伏せず、厠の穢れを我 (空間・空気) に出す。だから懲らしめた。」


ヲコヌシが 申せば御言
「これ 汝 守 離るるを 我 請ふて また守となす 我が民を 故なく咎む」
「民は田を 肥やし ソロ 植ゆ 汝 知れ 堅地を熟地とす 故 熟屋 知らで穢るや」
 ホ21文

  • 『申す (もふす)』は「合わす・仕える・告げる」の意と「詣づ・上げる」の意があるが、ここでは後者。
  • 『御言 (みこと)』「こと (言)」の尊敬語で「命」とも書く。「詔・勅」と同じ。
  • 『守 (もり)』ヤマサ守として民の地上生活を守護すること。
  • 『民 (たみ)』は多義であるが、その一つは「たむ (治む)」の名詞形で、「治める対象となる者」「被統治者」の意。
  • 『田 (た)』は「たつ (立つ) 」の意の名詞形で、「高める所・栄す所・育てる所」の意。
  • 『ソロ (繁)』は「繁栄・繁茂」が原義。転じて、日・月のエネルギーを受けて実る農作物を言う。
  • 『堅地 (こわ)』「こ (凝・固・堅)」+「わ (埴・地)」。「堅埴 (くこはに)」の同義の言い換え。「(溶岩の流動性が無くなって) 固まった埴」の意。「くこわ (凝埴・堅地)」「くが (陸)」などとも呼ぶ。
  • 『熟地 (にわ)』(農産物の収穫に適した) 熟れた土地。肥沃な地。「ねわ (練地)」の変態。
  • 『熟屋 (にわや)』堅地を熟地とするための「肥やしの屋」の意。
  • 大国主が奏上すれば御言宣。
    「これ汝、ヤマサ守の任を解かれるところを、我が大御神に懇願して再び守とした。しかるに汝は我が民を故なく虐げる。」
    「民は田を肥やして作物を植える。汝 知れ。 (にわ屋の糞尿で) 痩せた土を肥沃な土に変えるのだ。なれば "にわ屋"
    は "厠" ではなく "熟屋" ではないか。それも知らずに穢れるというのか。」


「これにより "アヱ" より "ヤヱ" の 中五日 守を離れて 遊び行け この間 五日に 屋造りす これも汝が 名の誉れ 去なば殆ど ウツロヰの 守屋 果なれん」 ホ21文 

  • 『アヱ よりヤヱの中五日』ホツマ干支における「*アヱ」から「*ヤヱ」の5日間。12日毎に5日巡ってくるので、60日のうち25日はウツロヰは遊行に出かけて東北の守を離れることになる。
  • 『遊び行く (あそびゆく)』「あそぶ (遊ぶ)」は「あす (離す)」+「そぶ (削ふ・反ふ)」の合成。「あす」は「うす (失す)」の変態。「そぶ」は「そる (剃る・反る)」の変態。どちらも「離れる」の意で、ここでは「(通常から/仕事から) 離れる」「OFFにする」などの意。
  • 『名の誉れ (なのほまれ)』「ほまれ」は「褒められ」と同義で「誇り・栄え・尊敬・栄光」などの意。名とは「ウツロヒ (移ろひ)」であり、「(守を離れて) 移ろうもの・遊行するもの」の意を「ウツロヰ」にかけている。
  • 『殆ど (ほとんど)』「ほと」+「と (助詞)」の音便。「ほと」は「ほつ (秀つ)」の名詞形で、「高まるさま・勢いづくさま・栄るさま・至るさま」などの意。よって「ほとんど」は「まったくに・至って・大方」などの意。
  • 『ウツロヰの守屋 (うつろゐのもりや)』ウツロヰが守を担当する東北の方角にある家屋。
  • 『果なる (はなる)』は「はぬ (跳ぬ)」から派生した動詞で、「至る・満ちる・完成する」などの意。芝居などでその日の興行が終わることを「はねる (跳ねる)」と言うが、この「はねる」と同義。
  • 「よって干支の "アヱ" より "ヤヱ" の中五日は、守を離れて遊びに行け。この間五日に屋造りする。これも汝の "移ろひ" という名の誉れぞ。居なくなれば、ウツロヰの守る東北方面の家屋は大方完成するだろう。」


こうした経緯からウツロヰはニニキネに頭が上がらなくなり、ニニキネの子分のような神霊となるのである。「わけいかつち (別雷)」の意味の一つは、雷の主ウツロヰを手懐けたことを称えるものである。


これにより 民 治まりて 六万年 ツクバの宮に 移ります また六万年 フタアレの 逸の守とて 六万年 経て また元の ニハリ宮 逸大守の 殊 大いかな
ホ21文

  • 『ツクバ (筑波)』はイザナギとイザナミが天つ君となって初めて都とした筑波山麓の都市で、ここでヒルコが生まれている。新治を拓く以前、ニニキネは筑波にいた模様。
  • 『フタアレ (二現・再生・二荒) 』ヲバシリの馬術の奥義は「タカヒコネ (高彦根命)」に受け継がれる。 タカヒコネはヲバシリの再来ということで「フタアレ守 (二現守)」の守名を賜り、これが「二荒 (日光)」の地名を生む (今の宇都宮)。そのタカヒコネからニニキネ (瓊瓊杵尊) は乗馬術を習っている。
  • 『逸の守 (ゐつのかみ)』これはニニキネがタカヒコネに馬術を習い、「厳乗 (いつのり)」をマスターしたことにより賜った名。「いつ」は「至・甚・逸・頂」の意。「甚だしいさま・並み外れたさま・至ったさま」を表す。「逸 (いつ)」がニニキネを指す場合は、他と区別して「ゐつ」と表記することが多い。
  • 『逸大守 (ゐつををかみ)』ニニキネの別称。「大いなる逸の守」という意か。「厳乗 (いつのり)」をマスターしたことによる「逸の守」の名は、その甚だしい功績により「並外れた大守」の意に転じる。
  • 『殊 (こと)』殊勲。功。「傑出したさま」を言い、「いさお (勲・功)」の同義語。
  • これによって新治の民は治まって6万年を経る。ニニキネは筑波の宮に移り、ここにも6万年治めます。次に二荒の逸の守となり、また6万年治めます。そしてふたたび新治に戻ります。逸大守の功績の大いなることかな。




その後ニニキネは、アマテルから三種宝を授かり、収穫量を増やそうと各地に川・池を造りながら八州を巡る。ハラミ山麓にやってきた時、ニニキネはタチカラヲに命じて裾野に八湖を掘らせる。そして掘り出した土をハラミ山に盛って山頂の八峰を造り上げる。天の九座になぞらえて中心の峰が欲しいと思っていると、ウツロヰが琵琶湖を浚って水尾の土と人夫を運び、朝の内に中峰が出来上がってしまったという。この中峰は「ヰツアサマ峰」と名付けられた。現在の富士山頂にこの峰は無いのだが、八峰の名前 (伊豆ヶ岳・浅間ヶ岳) にその痕跡が残っている。

『"中の土 もがな" ウツロヰが アワ海 渫え ミオの土と 人 担い来て 朝の間に 中峰 成せば 上の名も ヰツアサマ峰』ホ24文

『天の山の 中 ウツロヰが アワの砂 九星の胞衣の 宗ぞ編みける』フ001



時は移ってニニキネも世を去り、「別雷の神 (わけいかつちのかみ)」となる。
長らく子に恵まれなかったカモタケズミイソヨリ姫の夫婦は、別雷神に祈ってタマヨリ姫を授かるが、育て上げてまもなく両親は世を去る。タマヨリ姫は葬儀を行い、一人で別雷神の宮に詣でるとウツロヰが現れ・・・

ウツロイが 疑ひ問わく「姫 一人 ワケツチ神に 仕ふかや」
答え「然らず」
また問わく「世に因むかや」
姫 答え「何者なれば 威さんや 我は守の子 汝は」と
言えばウツロヰ 飛び上り 鳴神してぞ 去りにける  ホ27文


ある日、姫が禊するために屋外に出てみると、軒に白羽の矢が刺さっていた。その後姫の生理は止まり、はからずも男子を生む。その子が3歳になる時、軒に刺さる矢を指さして「父」と言うと、矢は天に上って行った。「矢は別雷の神だったに違いない」と世に鳴り渡ったという。
この姫の話を聞いた時の天君ウガヤは、姫を后として召す。そして姫は神武天皇を生むのである。



埴に空が通ることで粗鉱が生成されると考えられていたことから、ウツロヰは「金属・刃物」の源でもあり、世に「金神 (こんじん)」とも呼ばれている。

『山に空の 通り成る 粗金のアワ 錫・鉛 清は果黄金 直白金 泥に赤金 果黒金』ホ15文


そして精錬した金属 (地から採取される粗金を精げたもの) を埴に戻し入れることで、穢れた地をも精げる効果があると信じられていたように思われる。 
現在でも地鎮祭において、金属製の鍬や鋤を土に入れるのはこの理由によると推察する。

『もしや汚曲の 障いせば 粗かねの埴を ウツロヰの 大将神の マサカリや』ミ8文

『出雲 杵築に 枯断の剣を植えて うづくまり 詰り問ふなり』ホ10文



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma21.html
     :http://gejirin.com/hotuma22.html
     :http://gejirin.com/hotuma24.html
     :http://gejirin.com/hotuma27.html
     :http://gejirin.com/mikasa08.html
     :http://gejirin.com/mitinoku.html




スポンサーサイト




ホツマツタエのおもしろ記事120『ウツロヰ』

2013-05-10 02:43
ホツマツタエのおもしろ記事(120)  ウツロヰ



ウツロヰ (空率) は「ウツヲ (空治)」とも呼ばれ、 「空」を治める自然神である。雷と地震は、この神霊が原因と考えられていた。 『地震・雷・火事・親父』という言葉があるように、地震と雷を引き起こすウツロヰが最も恐ろしい神霊と考えられていたことは想像に難くない。
「空  (うつ・うつろ・うつほ)」とは「一見何も無いさま・空間」、また「空間を満たす見えない気・空気」を意味する。現代人は「空気」の移動を「風」と考えるが、古代人は「空間を埋める気」と「風」は別物として区別したようである。
「ウツロヒ」「ヤナヰカクロヒ」「ヲマサ・ウヲマサ」とも呼ばれるが、それぞれの名は異なる意味を持つ。


地球が創造されたばかりの頃、根源神アメノミヲヤはウツロヰを馬、シナトを轡 (手綱) 、光を鞭とし、原始の地球を乗り巡ることによって地球の環境を調えた。

'ウン' の手の ウツロヰを馬 'イニ' の手の シナトは轡 光 鞭 'オ' 手に地球 乗り巡る  ホ18文


また、埴に空が通ることで粗鉱が生成されると考えられていたことから、ウツロヰは「金属・刃物」の源でもあり、世に「金神 (こんじん)」とも呼ばれている。

山に空の 通り成る 粗金のアワ 錫・鉛 清は果黄金 直白金 泥に赤金 果黒金  ホ15文


後に二神 (イザナギ・イザナミ) は、下界における人の暮らしを「年のり神」と共に守護せよと、「ヤマサ守」に命ずるが、ウツロヰはそのヤマサの一神である。
「ヤマサ守」は、現在「八将神」(はっしょうじん) と呼ばれており、その中の「大将軍」(だいしょうぐん) がウツロヰに当たる。 詳しくは『八将神』を参照。



ウツロヰはニニキネ (瓊瓊杵尊) と深い関係を持つ。ニニキネは「別雷の天君」という別名を持つが、この名の由来にはウツロヰも関わっている。
以下はウツロヰとニニキネの関係が始まる経緯を伝える話である。

ニニキネが建設していた新宮「ニハリ (新治)」がほぼ完成し、ニニキネは筑波の宮からそちらに移る。

宮造り 葺き甍まで 皆 成りて 御孫ニニキネ 筑波より 移ります日は ヲコヌシの 二十五モノノベ 膳 なす カスガ 諸共 乗り添ひて 御孫の御幸 守り行く  ホ21文

  • 『葺き甍 (ふきいらか)』 「葺いた甍」の意。「ふく (葺く)」は「はく (佩く・履く・接ぐ)」の変態で、「合わす・覆う・包む」などの意。「服」はその名詞形。「いらか (甍)」は「いる (炒る・鋳る・苛る)」+「か (割・方・処)」。「いる」は「高まる・上がる」の意。「か」は「分け・区分・区画」を表す。よって「いらか」は「上方・上部・峰・棟」の意。
  • 『御孫 (みまご)』「み (上・神)」+「まこ (孫)」。「み」は「かみ」の意。「まご」の尊称で、アマテルの孫を言うが、特に「クシタマホノアカリ」と「ニニキネ」を指す。
  • 『筑波 (つくば)』はイザナギとイザナミが天つ君となって初めて都とした筑波山麓の都市で、ここでヒルコが生まれている。「つくば」は「付く・離る (つく・はなる)」の意味で、これは陽陰 (男女) の「和合と離別」という「陽陰なる道」を表した言葉。
  • ヲコヌシ (大国主)「大地を治める者」の意。「埴祭の法」と「宮造り法」を定めた大物主のクシヒコが、ニニキネより賜った称号。
  • 『二十五 (ふそゐ)モノノベ』二十五の持つ意味は不明だが、1分隊のモノノベの人数を言うようだ。「モノノベ」は「君に仕えて民を治める者」の総称で「臣」と同義、今で言えば「役人・公務員」に当たる。モノノベを司る最高長官が「オオモノヌシ (大物主)」である。
  • 『膳 (かしは)』は「かす (上す・活す・炊す・畏す)」の派生語「かしふ」の名詞形。「高め栄すこと・勢い付け・尊敬・祝賀」などの意。また物実として「煮炊きしたもの・おかしら」などを指す。「みあえ (御饗)」と同義だが、「かしは」は門出を祝う場合が多いように思われる。
  • 『カスガ』アマノコヤネ (天児屋命) の守名。
  • 『御幸 (みゆき)』「み (御・神/回・巡)」+「ゆき (行く/熟く・活く)」。天地つ日月の君が地を巡ることを言う。「天地つ日月の君が地を巡る」のは、「日・月が天が下を照らして恵む」ことに等しいのである。「みめぐり」「めぐり」「みかり」などとも言う。これらはアマテルと天君の専用語であるのだが、 2人の例外がいる。天君となる前の「ニニキネ」 (ここでのニニキネはそれに当たる) 、そして「ヤマトタケ (日本武尊)」である。


この日 アスカの 宮代人 フトタマをして 祝わしむ  ホ21文

  • 『アスカの宮代人 (あすかのみやしろど)』アスカの宮の代理人。「宮」は「高み・中心」が原義で、「政庁・政殿」、また「主人・君」を意味する。「アスカの宮」は、大和国 (今の奈良県) の政庁を言い、同時にその主人であるクシタマホノアカリを指す。アスカについては『飛鳥の意味』を参照。
  • フトタマ (天太玉命)タカキネの第3子。ナガスネヒコ (長髄彦)、ミカシヤ姫 (御炊屋姫)、アメトミ (天富命) の祖父。クシタマホノアカリの左の臣となる。


君 夜を籠めて 十里 来て ニハリ渡りは 掻き曇り ハタタ神 鳴り 垣 破る  ホ21文

  • 『夜を籠む (よおこむ)』「よ (夜)」を「こむ (交む・込む)」で、「夜を交える・夜間に渡る/及ぶ」の意と思うが、辞書には「まだ夜が明けない・まだ夜が深い」の意とある。
  • 『掻き曇る (かきくもる)』急に曇る。「かく (掻く)」は「こぐ (漕ぐ)」の変態で「勢いづく/勢いづける」の意。「くもる (曇る)」は「くる (交る/狂る/暮る)」の変態「くむ」から派生した動詞で、「覆う・交じる・紛れる」「曲る・反る・狂う」「低まる・衰える・暗む」などの意を重ね持つ。
  • 『ハタタ神 (はたたかみ)』-広辞苑より-【霹靂神】(ハタハタガミの約) はたたく雷。はげしい雷。はたかみ。
  • 『垣 (かき)』ニハリの宮を囲む垣。「垣 (かき)」の原義は、「かぎるもの (限るもの)」である。だから「垣」=「限・画・隔・囲・籠」である。「牡蠣 (かき)」も同じ。また「かい (貝・卵・界)」「かめ (亀・瓶)」「くり (栗)」「から (殻)」なども同義の類語である。


ヲコヌシ 曰く「渡座を 民も祝ふに 情けな」と
ハハ矢を射れば シナトベに 吹き払ふ時 道を向ひ 共に入ります
  ホ21文

  • 『渡座 (わたまし)』「わつ (和つ・渡つ)」+「ます (座す)」の名詞形。「わつ」は「わす (和す)」の変態で、「(2点間を) 合わす・つなぐ・渡す」などの意。「ます」は「(ある地点・状況に) 合わす・据える・在る」などの意。
  • 『祝ふ (いわふ)』「いふ (斎ふ)」+「あふ (上ふ・栄ふ)」の合成。どちらも「高める・栄す・尊ぶ・崇める」などの意。
  • 『情けな (なさけな)』「なさけ」+「な (なる・也)」。「なさけ」は「なさく」の名詞形で、「なさく」は「なす (退す・萎す・鈍す)」+「さく (下ぐ)」の合成動詞。どちらも「低まる・劣る・穢れる」などの意。よって「なさけな」は「低まるさまである・劣るさまである・穢れるさまである」の意。「情が無い」の意ではない。
  • ハハ矢 (ははや)「穢を平けるもの・払うもの」の物実としての矢。「カゴ弓」と対になる。イフキヌシとソサノヲが、六ハタレ蜂起の元凶であるサホコチタル国のマスヒトやオロチらを根絶した際、タカマでは弓弦を打ち鳴らし、またウスメは舞っている。このことが元になっているのか、悪霊退散の呪いとして桑の弓を鳴らしてハハ矢を射る風習があったようだ。「鳴弦」「弓祝式」「桑弧蓬矢」などの言葉が残っている。
  • 『シナトベ (級長戸辺)』風を治める自然神で、ヤマサ守の一。「しな」+「とべ (留)」。「しな」は「しぬ (繁ぬ)」の名詞形。「勢い付けるもの・栄すもの・活性化するもの」などの意で、「かぜ (風) 」の別名。「とべ」は「とめ (留め)」の変態で、「治め・まとめ・統べ」などの意。「シナト (科戸・級長戸)」とも呼ばれる。
  • 大国主が「渡座を民も祝うというのに嘆かわしい」とハハ矢を射れば、シナトベの風がそれを吹き払う。その隙に道を進んで君・臣ともに新宮に入ります。


御饗 済み ヲコヌシ 垣の 破れを告ぐ
御子 宣給ふは「弓の事 あれど 後ため 棄てられず」
 ホ21文

  • 『御饗 (みあえ)』は「みあふ」の名詞形で、「いわひ (斎・祝)」「みやひ (雅)」「うやまひ (敬ひ)」などの同義語。これらは「高め栄すこと・尊敬・祝福・歓待」などを表す。そしてその物実としての「食事の提供・会食」を意味する。「かしは (膳)」も同義だが、「かしは」は門出を祝う場合が多いように思われる。
  • 『破れ (やれ)』は「あれ (粗)」「おれ (折れ)」「よれ (よれよれ)」などの変態。「低まるさま・劣るさま・衰えるさま」の意。
  • 『宣給ふ (のたまふ)』「のつ」+「たまふ (給ふ)」の合成。「のつ」は「のす (伸す)」の変態で、「放つ・広げる・延ぶ」の意。「たまふ (給う・賜う)」は「たる (垂る)」の変態「たむ」の派生動詞で、「下げる・授ける」の意。
  • 『弓の事 (ゆみのこと)』ここでは「軍事」と考える。つまり破れた垣による軍事的防御力の弱体化。
  • 祝の会食が終わった後、大国主は垣の破れをニニキネに告げる。
    御子が宣給うには「軍事的なこともあるが、それよりもハタタ神がアマテル神の孫である自分を阻んだ理由が重要であり、今後のために捨てて置けない。」


カスガに宣れば
「フトマニの "アコケ" は仕業 ウツヲ神」
時 御言宣 ウツヲ神 社 閉ざして 天に告ぐ
  ホ21文

  • 『フトマニ (太兆)』とは「すべての現れ・万象」という意味で、これは本来はサコクシロに坐す元明けの49神 (48音) を指す。「48音」は別名を「アワノカミ (陽陰の神)」ともいう。後にアマテルは諸守に御言宣して、このフトマニをモトウラ(本在・基)とする歌を詠ませ、自らが編者となって添削し、百二十八歌を選んで占いの根本とする。これを「モトラツタエの文 (本在伝えの文)」というが、以降は「モトラツタエの文」を指してもっぱらフトマニと言うようになったようだ。ここに言うフトマニがどちらなのかは判別しがたい。詳しくは『ふとまに』を参照。
  • 『アコケ』参考:モトラツタエの文 (本在伝えの文) の「アコケ」の歌。
  • 『ウツヲ神 (うつをかみ)』「うつ (空)」+「を (治)」+「かみ (神)」。「空を治める神霊」の意で「ウツロヰ (空率)」の言い換え。
  • 『御言宣 (みことのり)』は「ことのり (言宣)」の尊敬語。「のり (宣)」は「のる (宣る)」の名詞形。「のる」は「のぶ (延ぶ・述ぶ)」の変態で、「放つ・延ばす・広げる」の意。この語もアマテルと天君の専用語であるが、天君となる前の「ニニキネ」と「ヤマトタケ (日本武尊)」は例外である。
  • 『社 (やしろ)』2種の意味がある。一つは「や (弥・敬・上)」+「しろ (代)」。「しろ」は「区分・区画」の意。「やしろ」は「上位者の区画・尊い区画」という意。これは「やかた (敬方・館)」「かみがた (上方)」などと同義。もう一つは「ゐゆ (居ゆ)」 の名詞形「ゐや」が「や」に約まったもので、この場合は単に「居所・住処・持ち場」などの意となる。
  • 『天 (あめ)』アマテルを指す。
  • カスガにフトマニに占うよう命ずれば、
    「フトマニの "アコケ" は、これウツヲ神の仕業なり。」
    その時御言宣し、ウツヲ神の社を封鎖してアマテル神に告げる。


天の御言宣「情なき 社 拉げ」と
時 御孫 璽 捧げて 後を請ふ
天 はた 悪しく 許されず
  ホ21文

  • 『天の御言宣 (あのみことのり)』アマテルの御言宣。
  • 『情けなし (なさけなし)』「なさく」+「な (なる・也)」+「し (如)」。「なさけ」は「なさく」の名詞形で、「なさく」は「なす (退す・萎す・鈍す)」+「さく (下ぐ)」の合成動詞。どちらも「低まる・劣る・穢れる」などの意。よって「なさけなし」は「低まるさまの如し・劣るさまの如し・穢れるさまの如し」の意。
  • 『社 (やしろ)』ここでは上位の神アマテルの発言なので、「居所・住処・持ち場」の意となる。
  • 『拉ぐ (ひしぐ)』「ひす」+「しぐ」の合成動詞。「ひす」は「へす (圧す)」の変態。「しぐ」は「さぐ (下ぐ)」の変態。よって「ひしぐ」は「圧して下げる・押し潰す」などの意。
  • 『璽 (しるし)』は「しらせ (知らせ)」の変態。ここでは「文」「ヲシデ」を言う。
  • 『捧ぐ (ささぐ)』は「さす (差す)」+「さく (咲く・栄く)」の合成。どちらも「高める・上げる」の意。「さす」は「傘をさす」「かざす (翳す)」のそれ。
  • 『後を請ふ (のちおこふ)』「将来の功を待つことを請う」の意。
  • 『はた』は「あつ (当つ)」の変態「はつ」の名詞形で、「当たり・対応・反応・返答」などの意。「はたと・はったと」「はっと」「ふっと・と」などの変態。
  • 『許す (ゆるす)』「ゆる (緩る)」+「す (為る)」で、「緩める・和らげる」「放す・開放する」などの意。
  • アマテル神の御言宣は「嘆かわしい、居所を押し潰せ」と。
    それに対して御孫は文を奉って、ウツヲが後に功を立てることを待つように願う。
    しかしアマテル神の反応はかんばしくなく許されず。


また願わくは
「ウツヲ神 たとひ 一度 事 乱れ 更に有らんや オオナムチ 一度 落ちて 日隅君 その子 モノヌシ 忠をなす これには似ずも ウツヲまた 後 殊 立てん 許し給えや」
 ホ21文

  • 『願わく (ねがわく)』「ねがふ (願う)」+「しく (如く)」の合成から「し」を省いて名詞化したク語法。「願う如く」の意。
  • 『オオナムチ (大己貴神)』 オオナムチは息子のクシヒコをコトシロヌシ (事代主) として、オオモノヌシ (大物主) の職務を代行させ、自身は知行する出雲国の開発に専念する。中央政府に匹敵しようとするが、「カシマ立ち」によってその野心は挫かれ、日隅国 (津軽) の国守にされる。
  • 『日隅君 (ひすみきみ)』日隅国 (津軽) の君。
  • 『その子モノヌシ』オオナムチの長男で、親の後を継いで2代大物主となったクシヒコ (=大国主)。
  • 『忠 (まめ)』は、「はべ (侍)」の変態で「仕え」の意。「(心・身を) 合わすこと/さま」が原義。
  • 『殊 (こと)』殊勲。功。「傑出したさま」を言い、「いさお (勲・功)」の同義語。
  • 再び懇願するには、
    「ウツヲ神、たとえ一度は事を乱しても、さらに有るだろうか。オオナムチも一度は堕落して日隅君とされたが、その子のモノヌシは忠を果たしている。これと同じだとは言わないけれども、ウツヲもきっと後に功を立てるよ。許し給えよ。」


大御神 許す御言は
「兄弟の末 ヤナヰカクロヒ 空 守り 東北の一木を 居社にせよ」
 ホ21文

  • 『大御神 (ををんかみ)』「ををん (大御) 」は、最上級の尊敬を表わす。「ををんかみ」「をんかみ」は、アマテル限定の尊敬の代名詞。
  • 『御言 (みこと)』「こと (言)」の尊敬語で「命」とも書く。「詔・勅」と同じ。
  • 『兄弟の末 (ゑとのすえ)』「ヤマサ8兄弟の末」の意で「ウツヲ」を指す。しかし22章では「一兄 (ひゑ)」と書かれている。
  • 『ヤナヰカクロヒ (柳隠ろひ)』「柳に隠れるもの」の意。「やなゐ」は「やなゆ」の名詞形で、「やなゆ」は「やぬ」+「なゆ (萎ゆ)」の合成。「やぬ」は「やむ (病む)」の変態。どちらも「下る・垂れる・なよなよする」などの意。よって「やなゐ」は「しなやかに垂れ下がるさま」の意。「やなゐ」+「き (木)」が「やなぎ (柳)」となったと考える。
    アマテルが東北の柳の一木を居所とすることを命じたことから起こったウツヲの別名なのだろう。
  • 『空守る (うつろもる)』これは「空きを埋める・空白を補う」の意。何の空白かというと、干支の60日に守り余る5日間 (12月29・30日、1月6・14日、5月30日) の空白を言うのである。
  • 『東北 (きね)』の方角は「鬼門 (きもん)」と呼ばれて忌み嫌われている。何故かは不詳であるが、 ウツロヰが落雷して破ったのはニハリ宮の東北門あたりの瑞垣らしい。
    『たとい東北魔に 障なすも 穢方より '傾ふ方' 違い』ミ8文
  • 『一木 (ひとき)』東北の方向にある柳の一木。歴史的に柳は桃とともに鬼門除けとして植えられている。例えば太田道灌は江戸城の鬼門除けとして、多くの柳を神田付近に植えたという。
  • 『居社 (ゐやしろ)』「ゐゆ (居ゆ)」+「しろ (代)」。「しろ」は「区分・区画」の意。「ゐゆ (居ゆ)」は「ゐる (居る)」の変態。「しろ」は「区分・区画」の意。よって「ゐやしろ」は「居所・住処・持ち場」などの意。「やしろ」と同じ。
  • アマテル大御神の許しの言葉は、
    「ヤマサ兄弟の末、ヤナヰカクロヒよ。干支の空白を補い、東北の柳の一木を居所とせよ。」


ヲヲコヌシ 御孫に申す「我が親の 日隅の君は 喜ばし」
ウツヲも「守の喜び」と 請えば御言ぞ 
 ホ21文

  • 『ヲヲコヌシ (大国主)』「をこぬし」「おおくんぬし」のバリエーション。
  • 『守の喜び (かみのよろこび)』「守りを務めることは喜びである」という意味かと思う。
  • 大国主は御孫に申して「我が親の日隅の君は果報者なり」。
    ウツヲも「人の守を務めることは喜びなり」と請えば御言宣。


「鳴神の主 東北守 ウツロヰの ヲマサ君」とぞ
年のりに やしろ 賜わる
  ホ21文

  • 『鳴神 (なるかみ)』雷。
  • 『東北守 (きねまもり)』東北の方角を守護する者。
  • 『ウツロヰ』ここでは「うつろゐ (空埋)」で、「空きを埋める者・空白を補う者」の意。干支の60日に守り余る5日間 (12月29・30日、1月6・14日、5月30日) の空白を補い守る者。
    「埋ける」を「いける」と読むのであるが、これは「合わす・埋める・詰める・溜める」などの意。「ゐけ (池)」「ゐ (井)」もこの意である。
  • ヲマサは「ウヲマサ」とも書かれている。「穢を放つ者」「(東北の) 魔を祓うもの」の意と考えているが、現時点では確信がない。「をまさ・うをまさ」が「大将軍」に解釈されたと推測される。
  • 『年のり (としのり)』は「1年を成すこと」の意。「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」と「ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ」と「ヱ・ト」の組み合わせで60パターンを作り、それを6回転して360日をカバーするが、1年には5日足りない。その不足をウツロヰが補って1年の365日をフルにカバーするということ。
  • 『やしろ』ここでは「居場所・持ち場」の意。1年を構成する上でのウツロヰの持ち場・担当する部分を言っている。
  • 「雷の主、また東北の守、また空白を埋め穢を祓う君」と
    一年の干支守としての持ち場を賜る。



-つづく-



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma21.html
     :http://gejirin.com/mitinoku.html




プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR