2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 02

ワカ姫と押草

2014-01-28 21:56
ワカ姫と押草


「おしくさ」は、表の意は「(扇に) 押し合せた草」だが、奥には「押腐」で「穢を押し祓う」の意がある。
これは「おしくも (押雲)」「むらくも (叢雲/放雲)」「くさなぎ (草薙/腐投)」などと同義。
「押草」は、「押腐」の言霊を世に発動するための物実なのである。

ワカ姫はなぜ「たのき (田の東)」に立って扇いだのか?
風が東から吹いてたためとも言えるが、「たのき (田の起き)」を図るためだったと思う。
後ホ32に「オオナムチ "たなか" のり」というのが登場するが、この「たなか」は「たのき」と無関係とは思えない。

『わかがえる』という言葉は、歳が若くなるという意味ではなく、実際には「元気活発な状態に戻る」ということだ。
だから原義は「沸き返る」(沸いている状態に返る) と同じ意味である。
それが「分れたばかり・湧きたて」の意と重なった。
事実年少のものは元気で活発だから。

このように、古代ヤマトの物事の名前には、まじないの言霊が隠れている場合が多くあると見たほうがよさそうである。
上記の例では問題ないが、そうしたところに濁音や特殊文字を混入させてしまうと、裏に隠れる意味 (こちらがより重要である) が読み取りにくくなることは否めない。

@gejirin1 Twitter 2014/01/28


このよには もはやおもひは
とまらぬと いさみてみるも
はらはまたへる

はらへれば だれしもこころ
けものなる うゑおかすつみ
たがとひえるや

めぐみなく こころうゑれば
をさめえず ふたかみめぐり
ことのはさづく

みとこころ うゑをやわして
のりとほる はしめにおきて
ありきにあらず


スポンサーサイト




磯城と志賀

2014-01-28 14:33
磯城と志賀


「しき (磯城)」は「しく (頻く)」という動詞が源で、「しげ (繁・茂・重)」と同義。
「しく」は「さく (咲く)」の変態なれば「さか (栄)」「さき (幸)」とも同義である。
【敷島の】は「やまと」にかかり、【敷島の道】は「和歌の道・歌道」の異名。その理由はホ1文に見える。

不思議に思うのは、どうしてヤマト (葦原国あるいは日本) が「しきしま (磯城島)」なのかの理由をはっきり説明する記事が見当たらないことだ。まあ説明するまでもなく当然ということなんだろうか。「あしはら」は「映す原・栄える場」という意味もあるからね。

それで思い出した。「はら (原)」は「ほら (洞)」の変態で「空き・空間・場」の意味が第一。
ほかに「はり (治)」「ひら (平)」の意味もあるけどね。

あ、うん、そーだ!「しきしま (磯城島・敷島)」は「葦原国・大和国」の異名とされているが、「しき」の変態の一つには「しか (滋賀・志賀)」もある。

ヤマト国は「トの道 (調の道)」「マト道 (円道)」が通った国を言う言葉だが、二神は「なかくに (中国)」を拠点にして、しだいにその道を日本全土に広げていった。中国=アワ国=葦原国である。

だいたい見えてきたぞ。
「磯城島」は「繁栄の地域」という意味だが、繁栄の基は調和であった。和の道が通った国をヤマトと呼ぶようになるが、それは葦原国から始まる。葦原国は淡海の国で、志賀の国とも呼ばれる。
「しき島」は「しが州」の同義語だったのだ。和の拡大と共に磯城島も拡大していった。

こりゃ大収穫だ。 これまで「志賀・滋賀」の意味を考えても解けなかったのに。

「さが (祥・佐賀・嵯峨)」も「しき」「しが」と同じ意味なのではないだろうか。
「しがのかみた (志賀の守方)」ホ25 =「佐賀県」?

そういえば「しき・しか」は、「すか (清・優)」や「すき (直)」の変態でもあったわ。
どうして今まで気づかなかったんだろう!


@gejirin1 Twitter 2014/01/27



スピーカーの話

2014-01-28 14:25
スピーカーの話


1-1-IMG_2672.jpg

写真は二号愛用の自作スピーカー。長岡鉄男設計のBS-69 (愛称:ボトル)。260W×230D×400H。fostexのFE-126 (直径12cm)を装着。アンプのBASSを+8にすると50~16KHzがフラットという驚異のf特。

f特というのは「周波数特性」の略で、どの周波数帯をどのレベルで再生できるかをグラフにしたもの。低音域から高音域まで平らに再生できることが理想。これのみが音の良し悪しを決定するものではないが、測定器が計測できる、また人間が視覚的に確認できる唯一の指標である。f特から音色は見えない。

低音域用のウーファー、高温域用のツウィーターに分ける2way・3wayスピーカーが流行っているが、これは音質に関して良い所は一つもない。しかしf特を平らにするには一番簡単な方法であり、またルックス的にカッコいいので売りやすい。この大ヒットが往年のヤマハNS-1000Mだった。

以後内外のオーディオ機器メーカーはそれに右へ倣いとなる。理想は1本のSPユニットで全音域を平らに鳴らせることだが、現実にはそんなものは存在しない。マルチウェイ化に対するもう一つの選択肢は、箱に工夫を施して低音域を増幅するという方法だ。歴史的にはこちらの方法が古い。

バスレフ、ダブルバスレフ、バックロードホーン、共鳴管などは箱に対する工夫の方式だ。BS-69 (ボトル) の大きなエントツもそれであり、ダテや酔狂で付いてるのではない。このエントツはオーディオ用語では「ダクト」と呼ばれ、一種の排気口である。このダクトによって低音を増幅している。

低音域は箱の工夫で増幅可能だが、高音域はそれができない。だから1本のユニットで全音域を平らに鳴らすためには、高音域の再生が得意なユニットを選ばざるをえない。そうすると必然的に8~12cmの小口径のものとなる。口径が16cm位になると13kHz以上の高音は再生しにくくなってしまう。

2way/3way と 箱の工夫、どちらがいいのか?これは言葉では説明できない。自分の耳で聴けばわかる。「ベールが剥がれる」「雲が晴れる」という表現の意味が実感できるだろう。小口径ユニット1本のスピーカーの唯一の弱点は、耳が痛くなるほどの大音量は出せない、ということである。

我々は普通スピーカーの表側から発せられる音を聞いているが、実は裏側からもまったく同じ音が出ている。ただし位相は逆だ。表の音が+なら、裏の音は-である。この両者が混合すると打ち消し合って理論上ゼロになる。この混合を避けるためスピーカーは壁に埋め込んだり、箱に装着するのである。

陽陰 (正負、+ー) は和合すると透明になるのだ。そしてスピーカーの箱に施す工夫というのは、裏側から発せられた負の音を積極利用することにほかならない。位相が逆の音波は、わずかに時間差を与えると同相に転じる。つまり負の音が箱の内部を通る間に、遅れて正の音に転じるというわけなのだ。

そうなれば音波は増幅される。また幸いなことに、高音は減衰しやすくて遠くまで届かない。高音は箱の内部で消滅してしまうのだ(完全にではないが)。その結果、低音だけが取り出されてダクトから出てくるという具合だ。かくして我々は低音域部分の増幅を実現するのである。めでたしめでたし。

2way・3wayスピーカーで問題なのはウーファーだ。ウーファーは見てわかるように振動板 (コーン) が大きくて厚くて重い。この重量を駆動するには大きな電力が要る。つまり鈍感なのである。相当な電力を入れないと (ボリュームを上げないと) まともに音を出さないのだ。

f特は限界の大音量で測定する。ところが音質を左右するのはマイクロワットという微弱電力を再生する能力だ。この微弱信号を我は「音の靄」と呼んでいるが、これが再生できるか否かがオーディオの命である。鈍感なウーファーは「音の靄」の再生は困難。特に一般家庭での小音量では到底不可能である。

特に2wayスピーカーの場合、可聴帯域の大半をウーファーが受け持つ。これでは出てくる音は非常に大雑把な音にならざるを得ない。微妙な音は原理的に表現できないのである。ただ最近の我々はそんな音に慣れているという現実があり、制作側もそれに合わせて音作りする傾向があるように思われる。

繊細な「音の靄」を再生できるスピーカーで聴く時、マイク2本で比較的遠距離から録った古典的な録音の方が、ずっといい音に聞こえるものだ。


@gejirin1 Twitter 2014/01/26・27


マスコミに 踊らさる民
いましむる 評論家これ
マスコミなりき



うた

2014-01-28 14:14
うた


和歌などは普通の文に比べて説明が少ない。これがいい。読み手は暗号やパズルを解くように一語一語に集中する。また読み手によって理解が違う。作者の真意はわかる人にはわかるが、わからん人にはわからん。これもいい。わからん人の誤解を気にせず本音が言える。また美しい五七リズムは辛辣もやわす。

初めて読んだ時の理解は、二回目、三回目では変わってくる。人に合わせて言葉は進化する。はじめはわからん人も、遂には真意を理解し得る。そして歌ならば心に留まりやすい。
 
ももちこころみ はるかなる おくのかみちえ まさにいるへし


@gejirin1 Twitter 2014/01/26



一二三

2014-01-28 14:12
一二三


洋の東西を問わず「一」は「起り・始まり」を意味する。おもしろいことに「一」は「すべて」でもある。他に何もないのだから。one = all = whole である。だからallは単数形扱いだ。陽陰に分れる前のミヲヤは「一」であり、同時に「すべて」であった。

英語の「one」は、仏語では「un」伊語では「uno」。「one」は「an (冠詞)」や「uni」にも転じる。
頭音に注目すると「ワ」音が「ウ・ア・ユ」音に変化しているわけだ。
これらを二号は変態と呼んでいるが、早い話が訛りだ。同様の訛りは当然ヤマト言葉にもあると考えるべきだ。

ミヲヤは自らを分けた。「ニ」の誕生だ。「ニ」は「分かれ・対・ペア」また「陽陰・男女・父母」の発生を意味する。「一」を父と見た場合には「ニ」は母を意味する。「陽陰」は「1なるものの2相」であって、単独では意味を成さない。また自然界には通常存在しない。単極の磁石は造れないのだ。

「two」は伊語では「due」仏語では「duex」で、「トゥ」は「ドゥ・デュ」に訛る。どちらが元かはわからんが。また「duo」「double」「twin」「twelve」「twenty」などの語を作る。そしてまた「対する・匹敵する」という意味から「to (前置詞)」が生まれる。

陽陰に分かれたミヲヤは「あひ (合・愛)」「やわし (和し)」を実地に経験できるようになった。陽陰をふたたび一つに和してみると、なんと別のものが分れ出た。「三」の誕生であった。1+2=3。 父+母=子。陽+陰=人。「三」は「融合・調和」、「派生・発生」、「化け・繁栄」を意味する。

「three」は、伊語では「tre」仏語では「trois」だが、「tri」「thri」「thir」などにも変化する。「tres bien (素晴らし)」「triple」「tree」「thrive (繁栄)」「thirty」などの語をつくる。「躍動・繁栄・すごい」の意の語が多い。

ミヲヤは純真無垢にして、自分が何者かも知らぬ無知の存在であった。自分を知るために、そのモノサシを得るために陽陰に分かれ、無数の子に分かれた。無数の子の経験がミヲヤの知となる。この世・あの世に存在するすべての意識を和す時、再び統一体のミヲヤとならんが、はたしてミヲヤはその時を待ち望んでいるのだろうか。


@gejirin1 Twitter 2014/01/25


うけすてめ つのがあらしと
あめひぼこ やまとはまめに
うちとをわけず

おのかほし たたそれのみに
まつりこと えらみてなそほ
いまたきつかす

とのみちか とほれはこその
やまとくに やわなきくにに
やさかあるまし

やわすとは おのれとよそお
わけぬさま うわへのやわは
そのさかおゆく



「あわす」と「やわす」

2014-01-28 14:03
「あわす」と「やわす」


『あわす』と『やわす』の用例に当ってみた。

その結果、語源的には同根と思われるが、 
『あわす』は表面的な「合わせ・一致・合致」の意に使う場合が多いに対し、 
『やわす』は「深層/核心レベルでの融合」、またそれによる「中和・調整・緩和」の意を表す場合が多いみたいだ。


【ホツマ3書中での『あわす』と『やわす』の用例】
 
みかさふみ ほつまつたえと わりうるり あわすことくの こころなり ホ序
おもえらく はしかけなくて むすふやは ホ1
めもとあり をかみのなりて あまるもの あわせてみこお うまんとて ホ3
わなにやし うましをとこに あひきとそ やわしてあわお ゑなとして ホ3
ゐみなには たらによつきに なとのりと あわせよつなり ホ4
あめのみちゑて ひとくさの なけきおやわす かみあらす ホ4
かんさひのこの あめおしひ めあわせすけか あにとなし ホ7
あめかした やわしてめくる ひつきこそ ホ7
みかつちも いさおしあわせ うたしむる ホ8
ことなふたもつ くしひるそ たたやわらきお てたてなり ホ8
やくもうち ことのかなてお さつかりて うたにあわせる いなたひめ ホ9
いつおあらはす もののへの なんたやわらに もとすより ホ10
またやゑかきは つにあつけ あらかみあらは めくみやわせと ホ11
そさのをは ひかわにあひる これつよし きみはやさしく やわらかに ホ13
もとつかみ そのたえもりか たねくたし ものとたましゐ ゆひやわす ホ14
おひはゐわみの かためなり をはしたあわせ めはうえそ ホ16
たかはかり ほかせはにみつ よつにわけ うつほのひとつ つきあわせ ホ17
このみつお あわすかかみの やはやしろ たはたみおたす ホ17
よこしまか たておもちけて とこやみの なんたやわして ややしつむ ホ17
ぬすひとの みつめにしるる つちいかん かみはやわして みことのり ホ17
むまのあしとり いきすあひ あわすかなめの のりのりそ ホ19-1
こしすえのりて やわやわと むまのあしとり いきすあひ ホ19-1
むのをして のきよりむねに ておあわす ホ21
いまこれお あわせてみちの かみをさむ ホ23
ふたたみの あらそいあれは とみやりて やわしさはきて ホ24
ははよりなきさ たけうかや ふきあわせすの なおたまふ ホ26
のちにたまより かみとなる かあひにあわせ みをやかみ ホ27
わさはひあるも しなかゑて ふせきはらえは やわらきて ホ28
みかかみお たまえはわれら たのとみそ わかこらやわせ ホ28
くさえさか たたかひあわす ゐつせみこ ひちおうたれて ホ29
あめつちまつり のちうたん うかしかつけも ゆめあわせ ホ29
ものぬしと なかとみあわせ なおりかみ ホ31
やわなきお おつてといえは みこもさる ことめかつくる ホ31
いまやまさわの ゑあわせは わりふたあわす よきしるし ホ32
きみこれに ゆめあわせして ふれもとむ ホ33
とりあわせたちはなのあや ホ37
ここにすへらき たけうちと かたりあわせて ホ39
このうたつつき かそえもの おりあわせめに けりもあり ホ39
みつはうたたに よつあわせ ゐつはたたこと むつはつれ ホ39
うましあしかい ひこちかみ あわせまつれは なもたかま ミ6
つさにいなさの はつひより ふうおやわせて おけらたき ミ7
きさらきは めをほほやわし きさしおふ たねかしまつる ミ7
きさらきの なかよりみうお めにやわせ ひとくさそたつ ミ7
はのふめもりて あふみまつ ふめにやわして かせとなす ミ7
むねおかつらに ゆひあわせ かやふきすみて このみはむ ミ8
ほはきねにすむ ふためかみ あふつきふめお あにやわし ミ9
ここにめかみの やわしうた なさけあわせて わなにやし ミ10
あひきとは まけてやわしの みやひなり ミ10
あむとやわしと なかれきの ふつくにちなむ ミ10
あめのやわしは それならず うゐのあわねは なりはゐお おしすくるなり ミ10
にふのかみ あめのおしゑに ややさめて やわしわらはす ミ10
めはくにの つきとみやひお あみやわせ ゐみちあらはす ミ10
おほふうれしさ またあらし たかえあわせし ゑみすかほ ミ11
たまのをお ふくみふらせて なからゑお むすひやわせは フ序
あのなわの みちもゐもせの なかうとも つよきもやわす あなわなりけり フ16
いのいさの ことにやわらく ならわせや うなひこのふゑ もゐなさふくらん フ31
ふのきにの あらそうとみの ことわりお やわせはたみの ふゆそきにける フ35
ふのゐさめ あらかねわけて ねりきたえ かまもつるきも かそえやわらく フ47
ものはらの ほこにもとつき やわらきて よこもすなほに なかれゆくなり フ66
ものゆんに はたれやふれは ことのねの やわしもゆんそ たうとかりける フ77
しおえては をきなかあみに けゐのかみ あにしらひけも ちゑてやわなり フ119


@gejirin1 Twitter 2014/01/24



ビリーフ・システム

2014-01-28 13:51
ビリーフ・システム



我々はよく「~だから ・・・ だ」という論法を使う。「~」の部分をよくよく検討しなければならない。それはどこかで読み聞きしたことを信じて、受け売りしているのではないのか?偉そうな人の発言、本や新聞の記事、TVの報道、これらを真実と信仰しているだけでは?人は自らすすんで洗脳されたがる。

特に若芽の時に受けた洗脳、それによる信仰は生涯に渡って影響をおよぼす。まるで鳥類の「すりこみ」のように。義務教育の狙いがここにある。征服者が征服地の言葉を替える意味も。マインドコントロールのいとも容易いことよ。この時点で人は自分で自分の答えを見出すことをやめてしまう。

そりゃそうだ。多数が信じている理屈を覚えて使った方が簡単だからだ。それに逆らって自分の答えを押し出しても何の得もない。押し潰されるだけだ。こうして洗脳は完成、我々の生活はその洗脳の上に築かれる。よって我々の行う (善悪の) 判断は、常に多かれ少なかれ洗脳・信仰の影響を受けている。

このようにして我々が持つにいたった信仰の複合体を、霊人たちは「ビリーフ・システム (belief system)」とか「マス・コンシャスネス (mass consciousness)」とか「集団催眠 (mass hypnosis)」「マトリックス (matrix)」などと表現している。

@gejirin1 Twitter 2014/01/24




精神と神経とH

2014-01-28 13:44
精神と神経とH


『精神』という語の意味を考えた事があるだろうか?
これは「神の精髄」という意味だ。
『精髄』は「純粋成分・本質・素・エッセンス・スピリット」という意味。
だから酒の主成分もスピリットと言う。
やまとことばでは「なかご(中子・中心)」また「こころ(心)」と言う。
精神、なんと本質をついた語だろう。


一方『神経』という語もある。
これは「神の縦糸」という意味だと思うが、よくわからない。
ただ「縦と横 (経と緯)」には「主と副」「先と後」「メインとサブ」の関係があることを、ホツマやミカサの記述からうかがい知ることができる。


話変わって、「H」は「エイチ」と発音するが、これは「エイト(eight)」と同じ。
8番目のアルファベットだからだろう。

では「eight」は何を意味するのか? これは「height」(高み・高さ) と同じなのだ。
 
つまり「H」=「八」=「高み」=「タカマ」だ。 これマジよ。


@gejirin1 Twitter 2014/01/23



大伴氏

2014-01-28 13:24
大伴氏


ホツマの記事から察するに、大伴氏の「おおとも」は「負ふ伴・負う臣」の意。
 
『この靫 重く 二百重あり 負い手 求むる オオトモの侍 四人 負い替り』ホ40文


 
そして万葉集には、
 
『大伴の 名に負ふ靫 負ひて 万代に 頼みし心 何所か寄せむ』万3


 
また、・・・

『靫懸くる 伴の男広き 大伴に 国栄えむと 月は照るらし』万7
 
という歌があり、それを裏付ける。



もってのほか

2014-01-28 13:21
もってのほか


ホツマでは毒消しとして、「セリ」「ダイコン菜」「カブ菜」「菊」を食べなさいと言っている。二号は子供のころ野菜が嫌いだったが、上記の野菜だけは何故か好きだった。もちろん今でも。新潟県では秋の味覚として「菊の花」を好んで食べる。『かきのもと』とか『もってののほか』という名の菊種だ。

「もってのほか」は「おもいのほか」とも呼ばれる。
それで思い出したが、「もってのほか」は「もふてのほか (思ふての他)」の音便だろう。



@gejirin1 Twitter 2014/01/22



素直とは 上も辺も寄らず 中を行く
初より一方に 傾くなかれ



火風水土

2014-01-28 13:16
火風水土



「ひ (火/日)」は「ひる (放る)」から来ていて「(光や熱の) 放射」の意。
「ひる (日霊・昼)」も同じ。
「ほ (火)」とも言うが、これは「ほる・ほうる (放る)」から来ている。
「放射」は基本的にはエネルギーであり、非物質である。
だから「ひ」は「ひ (霊)」でもある。

「かせ (風)」は「かす・かっす (活す)」また「かす (離す)」から来ていて、「勢いづけるもの」また「払うもの」の意。
「いなさ」(往なすもの)、「のかせ」(退かすもの) などとも言う。
「のかせ」は今は「野風」と漢字が当てられている。
「かす (離す)」は今の辞書にはないが、「かる (離る)」という語は載っていて、その他動詞形と考えていい。

「みづ (水)」は「みつ (満つ)」という動詞の名詞形で「至り・極み」の意。
どういうことかというと、「ビーカーに泥水を入れてかき混ぜる実験」で重い粒子は下に沈み、同時に上の方は澄んで行く。この澄み切った (至った) 部分が「みつ (水)」なのである。

「つち (土)」は逆に沈殿を意味するが、その説明はめんどいので、http://gejirin.com/gsrc/tu/tuti_tusi.html  を見て感じてください。


@gejirin1 Twitter 2014/01/21


逆月の 映る盃 数すすむ
酔い心地 覚む 汝が「よっとるね」

みかさふみ あわうたおとく
さらのあや たれかなつくや
わかうたのあや

まこひこの すえまてのかな
かかなえは いまのあらため
あにおそからん



方言の重要性

2014-01-28 13:02
方言の重要性



『いそのはの まさごはよみて つくるとも』ホ1文

上の「よむ」は今の辞書 (広辞苑) には載ってない。しかし我が地方では今でも普通に使われている。その意味は「じゅくす(熟す)」で、「うむ(熟む)」「うる(熟る)」と同意。方言には古語が多く残っている。と言うより、方言=古語なのだろうと思う。

人口の多いみやこでは次々に新しい流行語が生まれ、使われなくなった古い言葉は廃れていく。そしてマスコミやネットのない昔には、新しい流行語は非常にゆっくりにしか地方に伝播しない。ようやく地方にそれらが定着した頃には、みやこではすでに廃れている ・・・ こういう構図だ。 つまり言葉のサイクル寿命が都会と僻地では大きく違うのである。

また二号は、東北弁と九州弁はイントネーションが似ていると感じているが、これも両地方のみやこからの地理的な距離に関係があると思っている。
この仮説がもし正しいとすると、過去にみやこでも、現在の東北や九州風のイントネーションで話されていた時代があったということになる。


八重


「八重」はホツマではたいがい「やゑ」と表記されるが、「やえ」と書かれている場合も2箇所ほどある。これには意味の区別がある。
「やゑ」の場合には「おゑ (汚穢)」の意を孕んでいる。
例えば「やゑがき (八重垣)」は「汚穢垣」、「やゑぐも (八重雲)」は「汚穢隈」の意を裏に隠す。

しかし「やゑ」には他にもたくさんの意味がある。
有名なソサノヲの『やくもたつ いつもやゑかき ・・・ 』の歌では、異なる「やゑ」の意味が重ねられている。
http://divinehuman.blog.fc2.com/blog-entry-61.html … …


@gejirin1 Twitter 2014/01/20


ふとまにと こきんのあつめ
ならべよむ つらゆきがいひ[謂]
いづこにやあらん

ひとりでに はしるくるまは
ゆめならず なりわひなくす
たみにとりても



ミソギとウタ

2014-01-28 12:56
ミソギとウタ



@gejirin1 Twitter 2014/01/18
身体と心は、外側と内側とも見ることができる。世の政事は外側のものごとであるから、イザナギは川や海での禊ぎで身を清めた。つまり身の清めは政の正しを象徴している。しかし政の基礎が通る以前の段階では、まずアワ歌で言葉を直して、人の内側を調えなければならなかった。こんなことをホ5文は言うとるんかと思ちょります。

したがってこのアヤのタイトル「わかのまくらことば」は、「ことばは沸のまくらである・ことばは繁栄の土台である」という意味も表しているのかと思ちょります。つまり「沸のまくら、言葉」ちゅうことだす。

これは前からもやもやと頭の中にくすぶっていたのですが、はっきり表現できずにおりました。つまり「イザナギの川海での禊ぎは何を象徴しているのか?」についてです。それが先ほどの宏道さんとのやりとりで雲が晴れました。宏道殿、あなありがたや。



プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR