2014 031234567891011121314151617181920212223242526272829302014 05

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語源のお話(1)

2014-04-26 19:04

■ほとんどすべての大和言葉は2音から成る動詞を起源としていますが、
すべての2音動詞が表す意味はわずか5種に収束します。
 
1. 合う/合わす。
2. 離れる/離す。
3. 行き来する/させる。
4. 正の方向に離れる/離す。
5. 負の方向に離れる/離す。
 

■アタウには「与う」と「能う・適う」の2種があるが、どちらも同じでアタル(当たる) とも同根。いずれもアツ(当つ) という動詞から派生している。
この場合「与う」は「当てる」、「能う・適う」は「相当する」の意。
アタウの名詞形がアタイ(価・値)。
 

■「息吹・気吹」はホツマでは「いふき」と表記される。
日本語では例えば「いふ(言う)」は「ゆふ(言う)」と置き換え可能であるから、
「いふき」と「ゆうき(勇気)」は同じなのではないだろうか。


■「はな」には「端・鼻・花・餞」など多くの意味がある。そのうち植物の「はな」は「はぬ(放ぬ/栄ぬ)」の名詞形だが、現在とは異り「開き・盛り・華やぎ」の意だけなく、「(大地から) 放つもの」の意から、その植物 (草・木) 全体をも「はな」と呼んだようである。


■【関と堰】
「せき(関)」「せき(堰)」はどちらも「せく(塞く・堰く)」という動詞の名詞形だが、これは「せむ(迫む・逼む)」の同義語で「合わす・狭める・閉じる」という意味。通路の狭まりが「関」、通路を囲って狭めるものが「堰」。


■別れの挨拶「さようなら」は「然様なら」である。
これは「さようならば」という意味で、「それでは・それじゃあ・そんなら」などと同じ。
「さらば」も「さにあらば(然にあらば)」の略で、やはり同じ。


■「しょっぱい」は「しおっぽい(塩っぽい)」の変化。
もう一つ「けちくさい」の意味もある。
この場合の「しお」は「しふ」という動詞の名詞形。「しふ」は「しむ(占む/締む/湿む)」の変態。だから「しおっぽい」は「しめっぽい」「しみったれてる」の同義語。


■「かい(詮・甲斐)」という言葉があって、「いきがい(生き甲斐)」などの熟語をつくるが、おそらくこれは「かえ(返・代)」の変化だろう。意味は「みかえり」「代償」。


■アーク・アーチ(arc, arch) の原義はユヒ(結い) で、結合・渡し・橋・契約 などの意。
ユミ(弓) はユヒ(結ひ) の変態で、「両端を結んだもの」という意と思うが、これは弧でもある。
弧は英語ではarc、弓はアーチェリー(archery)。


スポンサーサイト

プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。