2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事110『十種神宝』

2013-04-27 13:17
ホツマツタエのおもしろ記事(110)  十種神宝



大和 (今の奈良県) の地は、ホツマの伝える歴史の中では決して古い場所ではなく、むしろ比較的最近に開発された地である。
原始日本は「ヱの尊」の治めた「近江」(央廻・琵琶湖を中心とする地) を発祥とし、次いで「トの尊」が治めた「トシタ国」(富士山麓・後のホツマ国) が開ける。この二つを合せて広義に「中国 (なかくに)」「葦原国 (あしはらくに)」「葦原中国 (あしはらなかくに)」などと呼んだ。
ハコクニ (葉木国) がヒタカミを建国するまでは、日本=中国 だったのである。

『ミナカヌシ 地球 八方に 万子 生み 果つに ヲウミの 兄弟の子の 兄御子 上に継ぎ ヲウミ 治す 弟御子の統む トシタ国』ミ6文



大和の地は中国に含まれるのだが、都とされたことは無く、アマテルが六ハタレ退治の褒賞として、有功の臣にその治めを分け授けたのが始めである。この時点ではまだ国となっておらず、中国内の一県の位置付けだったと思われる。 そもそも「やまと (和)」という名は中国の別名なのである。

まず「ツハモノヌシ (兵主神)」が磯城県の守とされ、「写し日代治人 (うつしひかんをち)」として「穴師央守 (あなしうをかみ)」の守名を賜る。

『ツハモノヌシが 魂返し 清き真の 放ふりて 道に天地 成し 磯城県 穴師央守 ヲシテ 添え 据えて 写し日代治人ぞ』ホ8文



次に「ヰチヂ (市千魂命)」が春日県の守とされ、「ココトムスビ (興台産霊神)」と「カスガ殿」の守名を賜る。

『ヰチチが熟らむ 魂返し ココストの根を 結ぶ文 ココトムスビの 名に据えて カスガ殿とぞ 尊ませ』ホ8文



また経緯の説明は無いのであるが、大和の隣の葛城は「ヒトコトヌシ (一言主)」が守とされていたようである。

『カツラギの ヒトコトヌシが スヱツミが ヤスタマと生む カツキマロ 斎名 ヤスヒコ』ホ10文



その春日県の守、カスガ殿 (ヰチヂ) が老齢のため政を執れなくなる。

『二十六鈴 十六枝 四十一穂 年 キヤヱ  三月 カスガの 年 老いて 政 休まん 理に』ホ20文



そこでヒタカミの「タカの首」を都とする天君オシホミミは、長男の「クシタマホノアカリ」を大和に下して治めさせようと、伊勢のアマテルに伺いを立てる。

『天地 照らします オシホミミ 御子はクシタマ ホノアカリ 斎名 テルヒコ 下さんと 父 自らの 告げ文を カグヤマ 使に 奉る』ホ20文

  • 『天地照らします (あまてらします)』「天地照らす」と同じ。「天も地も照らして恵む」 の意で、「君」の修飾詞である。
  • 『クシタマホノアカリ (櫛玉火明命)』オシホミミとタクハタチチ姫の長男で、ニニキネの兄。斎名は「テルヒコ」。
  • 『カグヤマ』「カグヤマツミ」の略。オオヤマカグツミの二子でマウラの兄。詳しくは『大山祗神』を参照。
  • 『使 (しか)』「しか」は「しく (如く)」の名詞形。「しく」は、ここでは「合わす」の意で、「つく (付く)」「つかふ (仕う)」と同義。よって「しか」は「仕える者・仕わす者」の意で、「ちか (近)」「つこ (仕)」の変態。


このクシタマホノアカリ (櫛玉火明命) は、古事記には「天火明命」、書記には「火明命」また「天照国照彦火明命」、旧事には「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」と記されていて、この「クシタマホノアカリ」(斎名:テルヒコ) と、ニニキネの三つ子の長男「ホノアカリ」(斎名:ムメヒト)、またムメヒトの長男「ニギハヤヒ」(斎名:クニテル) の3人が混同されているのである。

これはホツマツタエにも次のような紛らわしい記述があるため、混同されてもやむを得ないと思うのである。

『昔 天照る神の御子 イワ船に乗り 天降り アスカに照らす ニギハヤヒ 妹 ミカシヤを后とし 生む御子の名もウマシマチ わが君はこれ ニギハヤヒ アマテル神の 神宝 十種を授く』ホ29文
『母の嘆きは "嗣も無や" 神の教えは "ハラ宮の クニテルを嗣 天地照らす ニギハヤヒ君"』ホ27文

逆に言えば、古事記も日本書紀も先代旧事本紀も、ホツマの上の記述を元ネタとしていることの証拠となるように思う。



文に申さく
『自らが 葦原国を 治めんと 装ふ間に民 集まりて ひた留む故 テルヒコを 下すべきや』
と伺えば 妹背の御神 聞し召し 許せば 使の 返言す
  ホ20文

  • 『申さく (もふさく)』「もふす (申す)」+「しく (如く)」の合成から「し」をカットして名詞化したもの。これを世間ではク語法と呼ぶ。「申す如く」の意。
  • 『妹背の御神 (いせのをんかみ)』太陰霊と太陽霊の下生であるアマテル神 (陽陰垂る神) を指す。


『ここにト祖の 天つ神 十種宝を 授けます オキツ鏡と ヘツ鏡 ムラクモ剣 ウナル玉 魂返し玉 チタル玉 ミチアカシ玉 オロチヒレ ハハチシムヒレ コノハヒレ この十種なり』ホ20文

  • 『ト祖 (とをや)』トの尊。 おそらく「ト」と「十」の語呂合わせで「十種」なのだろう。
  • 『天つ神 (あまつかみ)』ここでは「天常立尊 (あめとこたち)」と同義。ミナカヌシと八元神 (トホカミヱヒタメ) が天に還って星となってからの呼び名。この九神が地に在った時のことを言う場合には「アメミコト」「アマカミ」という。
  • 『十種宝 (とくさたから)』10種の宝。「たから」は「たかみ (高み)」の変態で「高きもの・優れ勝るもの・栄え」を言い、「とみ (富) 」の同義語。「三種宝」もそうだが、宝と言っても尊い精神を思い起こさせる物実であって、けっして高価な物品ということではない。
  • 『オキツ鏡 (おきつかがみ)』『ヘツ鏡 (へつかがみ)』不詳だが、「奥つ鏡」と「辺つ鏡」の意味であるとすると、「マス鏡 (真澄鏡)」の裏鏡と表鏡に相当するのではないかと思う。宮津市の籠神社の神宝の中には「息津鏡」と「邊津鏡」があるという。
  • 『ムラクモ剣 (むらくもつるぎ)』これはソサノヲがヤマタノオロチの尾から得た「ハハムラクモの剣」ではない。「むらくも」は「むらむらと沸き起こる汚穢隈」の意と、「むる (放る)」+「くも (雲・蜘蛛)」の意があり、ここでは後者の意。「むる」は「まる (放る)」の変態。「くも (雲・蜘蛛)」は「くま (隈)」の変態。だから「ムラクモ剣」とは「汚穢隈を祓う剣」という意の普通名詞である。「くさなぎ (腐投ぎ)」や「あおはかり (汚穢別り)」も同義である。
  • 『ウナル玉』『魂返し玉』『チタル玉』『ミチアカシ玉』不明。
  • 『オロチヒレ』『ハハチシムヒレ』『コノハヒレ』「ひれ」は「ひる (放る)」の名詞形で、おそらく「放つもの・払い除けるもの」を意味する。よって「オロチ (愚霊) を祓うもの」「ハハチ (穢霊)を退散させるもの」の意かと思う。「コノハ」は不明。


『傷む事 あらば一二三四 五六七八九 十まで数えて 振え ただ ゆらゆら 振え かく為せば 既に曲るも 甦る 振る宣言ぞ』
と御言宣
  ホ20文

  • 『振ふ (ふるふ)』 は「揮ふ・奮ふ」とも書き、「ふる (振る・震る)」から派生した動詞で、「高める・勢いづける・栄す」などの意。
  • 『曲る (まがる)』は「離れる・反る・外れる」などの意で、「健全な状態から外れる」ことを表す。よって「いたむ (傷む)」と同義。
  • 『甦る (よみがえる)』辞書には「黄泉から返る」の意と説明されているが、そうではない。「熟み返る」で「(衰えた状態が) 高まって元に戻る」が原意である。
  • 『振る宣言 (ふるのこと)』「ふる」は「ふるふ」と同じ。「振ることで奮わす宣言」の意。しかし何を振り動かすのかははっきりしない。十種のどれでもいいから振り動かせというのだろうか。『旧事』には「布瑠の言 (ふるのこと)」と記されている。「ひふみ祓詞」「ひふみ神言」とも言うらしい。


クシタマホノアカリはこの十種宝に加えて、オシホミミがアマテルから受けた三種宝も譲り受けている。

『先に三種の 宝物 御子オシヒトに 賜ひしは 兄孫 得て フトタマと カクヤマ 羽の 臣となる』ホ24文



かくしてクシタマホノアカリは大和に下る旅に出発する。



ホツマのこの部分は、「先代旧事本紀」の「天神本紀」の冒頭部分に相当しているので、両書を比べて読むと面白いかもしれない。


-つづく-



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma20.html
     :http://gejirin.com/mikasa06.html
     :http://gejirin.com/hotuma08.html
     :http://gejirin.com/hotuma10.html
     :http://gejirin.com/mitinoku.html



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/125-a4707620
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。