2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事(3)『たなばた』

2013-01-10 21:22
ホツマツタエのおもしろ記事(3)   たなばた


「たなばた」とは、どういう意味なのか?
漢字で「棚機」とか「七夕」と書くが、「棚機」がほぼ正しい意味を表している。


「たな」は、現在の辞書には無い「たぬ」という動詞の名詞形である。
「たぬ」は、「連なる・続く・重なる」といった意味で、無理やり漢字を当てるとすれば「連ぬ」あたりが適当だろうか。
だから「たな」は「連なり・続き・重なり」という意味である。
「たな」の姉妹関係にある語に、「つね (常)」とか「たんもの (反物)」の「たん」がある。


「はた」は、「はつ」という動詞の名詞形である。
「はつ」は、「あつ (当つ)」「うつ (打つ)」「なつ (撫つ)」などと姉妹関係にある語で、「合わす・まじえる・組む」といった意味。
(辞書には「はつ (泊つ)」という語があるが、この漢字だと「停泊」の意に限定されてうまくない。)
だから「はた」は「合わせ・交差・組み」という意味である。
「縦糸と横糸を交差させて組み上げたもの」、これが「はた (機)」であり、「織物」と同じ意味である。

余談になるが、英語で布を「クロス (cloth)」というが、これは「クロス (cross)」から来ている。「cross」は「十字架」であり「縦と横の交差」である。日本語の「機」と英語の「cloth」は語源の概念は同じなのである。また「close」も「閉じる・合わす・綴じる」と言う意であり、これも「cloth」「cross」と同根である。


したがって「連なり続く織物」、これが「たなばた (棚機)」の原義である。

夜空にぼんやりと見える「連なり続く織物」「長く伸びる反物」。
これすなわち「天の川」である。


ホツマツタエやミカサフミには、陰暦七月七日は「棚機の神祭」とか「棚機の星祭」とあり、星となった神々に思いを馳せる祭であったことがわかる。
この日には、木綿や麻や真弓の糸を紡いで機を織り、また梶の葉に、陽陰の神を祝う歌、男女の親睦を願う歌を書き付けた、と書かれている。


『七日に績む 木綿と麻 復棚機の 星祭』ミカサ7文
『真麻・真弓 糸を紡ぎて 栲機や 陽陰の祝歌 梶に押し』ミカサ9文


なぜ七月七日なのかはよくわからないが、古代の日本では「奇数月のゾロ目の日」を神聖視したようである。

1月1日  初日 (元旦)
3月3日  雛祭
5月5日  妹背のささ祝 (端午の節句)
7月7日  棚機祭
9月9日  菊の祝 (菊の宴/重陽)



参考サイト:やまとことばのみちのく
     :にしのことばのみちのく


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/13-3cae0be0
トラックバック
コメント
今夜は新暦のタナバタですが、やはり、本来は旧暦でお祝ひしたいもの。
旧暦のタナバタ(8月半ば「本年では8/13」)は、燃ゆる夏。をんなとをとこが激しく燃ゆる陽蔭(をめ)盛りです。
でも、タナバタとセットとなるのがモチ(15日)満月のオマツリで、こちらはご先祖さまへの感謝のお祭りで御座いますね。
男と女の喜びが、ご先祖さまへの感謝と直結した神代の風儀は、いまいずこ。
宏道 | 2013-07-07 20:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。