2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事115『宮造りの法』

2013-05-02 17:54
ホツマツタエのおもしろ記事(115)  宮造りの法


これまでのお話:『瓊瓊杵尊


ニニキネは筑波山の北の「ニハリ (新治)」 (現在の茨城県筑西市新治) の地に、新たな都市を拓こうとやって来る。クシタマホノアカリに愛想を尽かして大和を落ちた大物主クシヒコとアマノコヤネも、ニニキネに召されてこの地に随行していた。ニニキネはクシヒコに、フトマニに照らして宮造りの法を制定するように命ずる。



先ず建つる 名もニハリ宮
『フトマニに 宮造り法 定めよ』と
オオモノヌシに 御言宣
  ホ21文

  • 『ニハリ』は「にいはり (新治)」の音便。ホツマでは「新たな治まり」「新たなコミュニティ」という普通名詞としては「にいはり」、固有地名としては「ニハリ」と使い分けている。
  • 『宮 (みや)』は「みゆ (見ゆ)」の名詞形で、「みゆ」は「合わす・まとめる・収める・治める」などの意。よって「みや」は「入れ物・器」「まとまり・集積・都市」「政殿・政庁」などの意を重ね持つ。ここではこれらすべてを総合した意味である。
  • 『フトマニ (太兆)』は「すべての現れ・万象」という意で、これは万物万象の本源である「陽陰の48神」を指す。この48神は日本語のいわゆる五十音なのである。よってここでの「フトマニ」は、「言葉」「言霊」「まじない」「語呂合わせ」と同義である。詳しくは『ふとまに』を参照。
  • 『御言宣 (みことのり)』は「ことのり (言宣)」の尊敬語。「のり (宣)」は「のる (宣る)」の名詞形。「のる」は「のぶ (延ぶ・述ぶ)」の変態で、「放つ・延ばす・広げる」の意。アマテルと天君の専用語なのであるが、2人の例外がいる。 天君となる前の「ニニキネ」、そして「ヤマトタケ (日本武尊)」である。


モノヌシ 受けて 法 定む 
『まず杣人をして 木を伐るは キヤヱの日 好し 手斧初め』
ホ21文

  • 『杣人 (そま)』 杣木を伐り採ることを業とする人。きこり。「そま」は「そる (剃る)」の変態「そむ (▼背む)」の名詞形。「そむ」は「離す・分ける・切る」などの意。
  • 『キヤヱ』ホツマ干支にいう「キアヱ」の日。「キヤ」は「きる (切る)」の変態「きゆ」の名詞形として、「ヱ」は「上・吉」の意に捉えている。つまり「切るに吉」の意。
  • 『手斧初め (ておのそめ)』「ておの」は訛って「ちょうな・ちょんの」とも呼ばれる。「ちょうなはじめ (手斧初め)」という語が辞書にある。
    【手斧初め】ちょうな-はじめ (1) 新年に大工が初めて仕事をする日の儀式。 (2) 大工が家の建築にとりかかった初めの日に行う儀式。こづくりはじめ。おのはじめ。-広辞苑より-
  • 大物主クシヒコは御言宣を承けて宮造り法を定める。
    『最初にきこりが木を切るのは "キヤヱ" の日が好い。手斧初めである。』


『ネシヱ 礎 柱立て 中・隅柱 南 向き 北・東・西 回り立つ』 ホ21文

  • 『ネシヱ』ホツマ干支にいう「ネシヱ」の日。「寝すに吉」の意と思う。「寝す」は「平らにならす」の意。
  • 『礎 (いしすゑ)』「いし (居し・居州・居敷)」+「すゑ (据ゆ)」。
    「いし」は「(何かを設置する) 場・座・区画・敷地」の意。「すゆ」は、ここでは「合わす・平らす・整える・安定させる」などの意。「いしすゑ」は「敷地を平すこと・基礎整備」を言い、ホツマでは「はひき (地平き)」とも呼ばれる。今は「ぢびき (地引・地曳)」と呼ぶ。
  • 『柱立て (はしらだて)』-広辞苑より- 家屋の建築で、初めて柱を建てること。また、その時の祝賀の儀式。
  • 『中・隅柱 (なか・すみはしら)』中心に立てる柱と四隅に立てる柱。
  • 『"ネシヱ" の日に地を平して柱立てする。最初に中柱を立て、正面が南を向くように、南→北→東→西 の順に四隅の柱を立てる。』


『州・枯生門 中・隅に よりて定むる』ホ21文

  • 『枯生門 (からふかど)』宮の正門 (南門) を言う。何故それを「からふかど」と呼ぶかは、この後に説明される。
  • 『州 (しま)』枯生門の両脇にある「日の州 (ひのしま)」と「月の州 (つきのしま)」を言う。クシマト (奇磐間戸神) が「日の州」、トヨマド (豊磐間戸神) が「月の州」に入って門を守る。神社の正門にはよく見られ、門の両脇の小さな部屋に仁王像が立っているが、それらがクシマトとトヨマトである。
  • 『中・隅 (なか・すみ)』中柱と四隅の柱。
  • 枯生門と日州・月州の位置は、中柱と四隅の柱の配置に従って決める。


『棟上げは ツアヱに祝ひ 赤炊飯 十三膳 陽陰 日と月と 八膳 天元 棟に据え 餅 三百六十六 弓矢 添え』 ホ21文

  • 『棟上げ (むねあげ)』柱・梁 (はり) などが組み上がった後に、その上に棟木 (むなぎ) を上げること。またその祝典。上棟(じようとう)。建前 (たてまえ) とも言う。「むね (棟)」は「みね (峰)」「おね (尾根)」「うね (畝)」「やね (屋根)」の変態。
  • 『ツアヱ』ホツマ干支にいう「ツアヱ」の日。「ツア」は「つふ」の名詞形。「つふ」は「とふ (飛ぶ)」の変態で「高まる・上がる・突き出る」などの意。「つは (唾・鍔)」「つわ (強・兵)」などは「ツア」の変態。「ヱ」は「上・吉」の意。つまり「上げるに吉」の意。
  • 『赤炊飯 (あかこわゐ)』赤飯。「こわゐ」は「強飯」と書かれ「固く炊いた飯」と解されているが、そうではなく「かゐ・かゆ (粥)」の変態で「炊いた飯」のこと。これは「高め・勢いづけ・栄し」を意味する。「あか (赤)」は「開き・明け・上がり」を象徴する。「赤炊飯」は、物事の開始・繁栄・成就・完成を祝う物実
  • 『十三膳 (そみかしは)』13膳は「1つの日」+「12の月」へ。
  • 『陽陰 (あめ)』=天地=日と月。
  • 『八膳天元 (やかしはあもと)』8膳は「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の天元神へ。
  • 『餅 三百六十六 (もち みもむそむ)』餅を366個。「365」ではなく「366」である理由は不明。
  • 『弓矢 (ゆみや)』かご弓」と「はは矢」。今に言う「破魔弓」と「破魔矢」。
  • 棟上げは "ツアヱ" の日に祝う。赤飯を炊き、13膳を陽陰の日と月のため、8膳を天元神のために棟に据え、餅366個と弓矢を添える。


『柱に奉る 五座の五 トシノリタマメ 六腑の七 皆 一夜酒 サイを振る 棟と柱根 槌を打つ』ホ21文

  • 『五座 (ゐくら)』「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」の「ゐくらかみ (五座神・五臓神)」。
  • 『トシノリタマメ (歳徳玉女)』暦を構成する「キ・ツ・ヲ・サ・ネ」と「ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ」を合せて「年のり神」と言うが、この11神を治めるのがトシノリタマメ。
  • 『六腑 (むわた)』「ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウ」の「むわたのかみ (六腑の神)
  • 『一夜酒 (ひとよみき)』一夜の酒宴。
  • 『サイを振る (さいおふる)』「サイ(金へんに且のつくり)」は、木を削りそぐ道具。「サイを振る」という行為は「さいわふ (幸ふ)」の物実
  • 『槌を打つ (つちおうつ)』今に「槌打の儀」と呼ばれている。「つちおかふ (槌を交ふ)」の言い換えで「培う」を意味する。
  • 『次に五座神のための赤飯を5膳、トシノリタマメと六腑神のための7膳を柱に供える。そして皆で一夜の酒宴を催す。サイを振り、棟と柱の根には槌を打つ。』


『時に匠は 'ム' のタミメ その宣言は 
“天地の 開く室屋の 神 あれば えやは弱かれ 主は長かれ”』
ホ21文

  • 『匠 (たくみ)』「た (手)」+「くみ (組み)」。 本来は「手を使って物を作る者・手工業者」の意。
  • 『タミメ (手見め)』は「手の組み合わせ」という意。手を組み合わせた造形で陽陰の48神を表現したもので、仏教伝来後は「手印 (しゅいん)」とか「印相 (いんぞう)」などとも言う。タミメを平面上に押し写したものがヲシテ (押手) である。
  • 『天地の開く (あめつちのひらく)』クニトコタチ」にかかる。
    『天地 開け 初む時に クニトコタチの 神孕み 』ホ22文
    『この鈴は 天地開く トコタチの 宮の真榊』ホ28文
  • 『室屋の神 (むろやのかみ)』クニトコタチを指す。クニトコタチが 'ム' のタミメを結ぶことで室屋が建ったことから。 「室屋 (むろや)」は詳しくは不明であるが、洞穴のような原始的なものではなく、少なくとも柱と茅葺の屋根を備えたものであった。
    『往にし守の屋は 'ム' のタミメより ムロ屋 建つ』ホ17文
    『クニトコタチの 神の代に "ム" のタミメより ムロ屋なる』ミ8文
  • 『えやは』「どうして~できようか」の意。
  • 『その時に匠は 'ム' のタミメ を結び、こう宣言する。
    “天地の 開く室屋の 神 あれば どうして弱かろう 主は長かろう”』


『かく三度 宣して餅を 投げ散らす』ホ21文

  • 『このように3度宣言して、棟に据えた366個の餅を投げ散らす。』



クシヒコが定めた屋造りの作法は、今もなお日本建築に生きている。
これは驚嘆すべきことではないだろうか。

『上棟式 -Wikipediaより抜粋- 』
上棟式(じょうとうしき;ridgepole-raising ceremony)とは、日本で建物の新築の際に行われる神道の祭祀である。棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)ともいう。なお仏教でも上棟式は行われる。竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われる。
神社本庁では「諸祭式要鋼」で上棟式の基準を示している。それによれば、祭神は屋船久久遅命 (やふねくくのちのみこと)、屋船豊宇気姫命 (やふねとようけひめのみこと)、手置帆負命 (たおきほおいのみこと)、彦狭知命 (ひこさしりのみこと)および当地の産土神である。まず、他の祭祀と同様に修祓・降神・献饌・祝詞奏上が行われる。次に、上棟式特有の儀礼として、曳綱の儀 (棟木を曳き上げる)、槌打の儀 (棟木を棟に打ちつける)、 散餅銭の儀 (餅や銭貨を撒く) が行われる。最後に、他の祭祀と同様に拝礼・撤饌・昇神・直会 (なおらい) が行われる。



-つづく-



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma21.html
     :http://gejirin.com/mitinoku.html



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/130-d9e9b074
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。