2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまとことばと漢字言葉

2014-01-09 04:15
やまとことばと漢字言葉
  


【2014/01/08 Twitter投稿より https://twitter.com/gejirin1
ホツマを読んで思うのは、歌には必ず裏の意味があるということだ。表面的な意味の裏に真意を隠している。真意はまた1つとは限らない。これは1つの言葉に多くの意味があるヤマト言葉を、1音=1文字で綴るからこそ可能になる。漢字を使ったのでは表面の意味に撹乱されて真意を読み取りにくい。

一方、漢字は意味を細分化して確定している。だから役所の事務文書や法律文などを綴るには適している。ヤマト言葉のように「幾つもの意味にとれる」ということが少ないからだ。これが日本が漢字を導入した理由の1つと見ている。しかし導入以降、日本人は左脳の論理的思考に偏重し、音の直感を失う。

まわりを見渡してみると、現在でも日常会話では、特に女人はヤマト言葉をベースとして話している (政治家の演説は除く)。これは不勉強ということではなく、直感的に理解できるからだ。また怒っている時に漢字ベースの言葉で怒りを露わにできる日本人は少ない。それができる人は実は怒っていない。

漢字言葉での会話の場合、聞いた音を左脳で漢字に変換する作業が要るからだ。思うに元来言葉は音であり、左脳 (論理的思考) を必要としない。もっと根底レベルにある直感的なものだ。しかし学校で教わる漢字言葉は、左脳が論理的に習得したものなので、使う場合にも左脳の同時通訳を必要とする。

だから英語でも中国語でも、言葉は音として直感的に会得すべきだ。音楽と同じである。言葉は勉強しちゃいかんのだ。こうすれば左脳 (論理的思考) の介在を免れるので自分の言葉とすることができるだろう。外国人力士の話す日本語はそのことをよく物語っていると思う。


(今全体を読み返してみると、オンラインで書いているためか、オラの論点が少しずつずれてきてますね。すまんこってす。こういうのは140文字のツイッターには不向きなのかもしれませんね)




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/150-ccf208d1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。