2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実という名の幻想

2014-01-09 11:18
現実という名の幻想
 

人はみな自分は地球に生きていると信じている。しかし本当だろうか。よく考えて見ればわかるが、すべてのことは人体の五感の信号を脳が処理して作り上げている虚像・幻想なのだ。五感と脳の接続を切った時、我々の世界観はどうなるだろう。まったく違うはずである。おそらく場所や時間の概念はそこには無いだろう。生死の区別もなくなるだろう。夢と現実の区別もできなくなるのではないだろうか。

しかしあなたは生きている。唯一自分の意識だけは活動している (注:意識は脳がつくりあげているものではない)。しかし五感のない状態では、現実と空想を区別する手がかりはなくなる。もはや現実とイマジネーションには何の違いもない。これはある意味あの世と同じ状況である。

地球に生きていると言う現実も、五感によって粉飾されてはいるけれども、実はイマジネーションなのだ。このイマジネーションできる能力こそ、神 (クリエーター) だけがもつ能力である。したがって 我々の意識=神 (クリエーター) なのである。実在するものは我々の意識の他には何もない。"我思う 故に我あり"、"I am that I am" なのである。

「現実=イマジネーション」であるならば、自分の好ましい現実をイマジネーションすればいいのであるが、ここにマインド (脳) と人類の集合意識による疑いが介在してしまう。これが地球次元の難しいところだ。「イマジネーション=現実」に対する100%の信頼が要るのである。100%というのは息をするように当たり前になっている状態である。「そんなことできるのか? 試してみよう!」ではだめらしい。 歴史上ほんのわずかな人間だけがこの奇蹟を実現しているという。

ところが時代は変わった。今後しだいにマインド (脳) の中継がなくなっていき、意識と五感が直結するようになり、五感自体もこれまでよりずっとセンシティヴなものに変わっていくという。そのため我々のDNAは現在急速に変貌しているという。 しかし人体の五感やDNAだってイマジネーションの産物であるわけだから、この説明とて喩えであろう。


2014/01/28追加

映画などに心を投入している時、身は地球次元にありながら、我らは別の次元へトリップしている。空想や夢でも同じこと。火星に想いを馳せれば瞬時にそこへ移動している。この速度は光速をはるかに超える。ゼロなのだから。

そして別次元 (あの世) にいる自分、これがオーヴァー・ソウル (over soul) とか本つ神 (もとつかみ) とか言われる存在ではないかと。

物質次元の万象は、
第二宇宙の自分のイマジネーションの産物。
第二宇宙の万象は、
第一宇宙の自分のイマジネーションの産物。
しかして第一宇宙の自分とは何者?


第三宇宙は存在するのか?
存在する。第一宇宙の自分と第二宇宙の自分が融合を果たした時、その意識は第三宇宙をつくる。
この融合は「アセンション」と呼ばれ、これは物質次元 (地球) においてのみ為され得る。この融合を果たした意識は「アセンデッド・マスター」と呼ばれる。

よってconsciousness.jpg のシンボルは発展途上の自分を表している。
 
最終的には中の点と外の丸枠は一つに融合して一体化する運命にある。日の丸になる。
 
そしてそうなる時代は到来した。
現時点ですでに2人の融合成功者が地球を歩いているという。

アセンションは過去にもなされていた。しかし「Ascension」が「昇天」と訳されているように、それは「肉体を離れる」つまり「死」とほぼイコールだった。
しかし今後は違う。肉体を持った人間のままアセンションするのである。これは「Living Ascension」などと呼ばれる。


やわすとは おのれとかみの
へたたりを のぞくこととは
つゆもしらずて


参照:『あめなるみち -神の見る夢-』http://gejirin.com/amenarumiti.html



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/152-e7f3acc8
トラックバック
コメント
御領二号さん今日は、お久しぶりです。

久し振りにこちらのブログが更新されておりますね、「現実という名の幻想」ですか、私も丁度似たような事を考えていました、昨年末頃にNHKで放送していた「神の数式」、最先端の物理学は数式を使わないで説明しようとすると宗教と区別がつかない様な??でした、見えない世界=多次元、自発的対称性の崩れ=ウイの一息、自然は右と左を区別する=天の御柱の回り方、ダークマター=ウツホ、etc。

ホログラフィー理論、この宇宙はたまたま人間に都合よく出来ている人間理論、マルチユニバースな多宇宙論まで、何でもあり?です、そして数学的な裏付けもかなり出来ると、数学が苦手なので詳細は分かりませんが「この世は夢だ幻だ」、ヴァーチャルな電脳空間も有ってマトリックスな世界です、スピリチュアル系のネットによく出てくる横文字の意味が色々と勉強出来ましたよ。

西の言葉に有った「カルマ=クルマ」、「心身の神癒」の中で、キリストは「吾神なり(i am)はあなた達を刈り込む言葉である」と言っています、「アイアム=合い編む=積極的に巡り会い結びつける」みたいな感じです。
キツイ駄洒落ですが、i am that i am「アイアム ザット アイアム」とは「私は編む、ザッとキツからず緩からず、愛の力で編む」、「神とは究極のバランスで関係を仕組む者」、厳格(幻覚?)で在りながら自由を齎す。

宇宙人は空からやって来る者たちだけでは在りません、自分の中からもやって来ます、内側からドアーを叩いています。

「キリスト」を学ぶと何故か無性に「ホツマツタエ」が気になって来ます、「葵と桂」本音と建前がぶつかり合う難しさを優しく諭すニニキネ、間を取り持つウキハシの大切さを教えてくれるみたいです、キリストもウキハシですよね。

入院中でメールができません、長文で失礼します、面白いことになってますね、いつも良い記事を有難うございます、お身体に気をつけて下さい。
Shibuchin | 2014-01-15 14:29 | 編集
入院中とは驚きました。早く良くなってください ... などとこの世的なことは言いません。その現実はあなたのイマジネーションですからね(笑)。
我らの内なる叡智が唯一欲するのは経験です。良きにつけ悪きにつけ変化を欲します。良し悪しはマインドの判断であって、叡智はその区別をしません。ある経験に飽きると変化を求めて、あなたが別のイマジネーションを持つように仕向けます。
したがって入院という経験に飽きれば、おのづと別の経験に移行することになります。
Good Imagination! & Good Luck!
御預二号 | 2014-01-15 16:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。