2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカ姫と押草

2014-01-28 21:56
ワカ姫と押草


「おしくさ」は、表の意は「(扇に) 押し合せた草」だが、奥には「押腐」で「穢を押し祓う」の意がある。
これは「おしくも (押雲)」「むらくも (叢雲/放雲)」「くさなぎ (草薙/腐投)」などと同義。
「押草」は、「押腐」の言霊を世に発動するための物実なのである。

ワカ姫はなぜ「たのき (田の東)」に立って扇いだのか?
風が東から吹いてたためとも言えるが、「たのき (田の起き)」を図るためだったと思う。
後ホ32に「オオナムチ "たなか" のり」というのが登場するが、この「たなか」は「たのき」と無関係とは思えない。

『わかがえる』という言葉は、歳が若くなるという意味ではなく、実際には「元気活発な状態に戻る」ということだ。
だから原義は「沸き返る」(沸いている状態に返る) と同じ意味である。
それが「分れたばかり・湧きたて」の意と重なった。
事実年少のものは元気で活発だから。

このように、古代ヤマトの物事の名前には、まじないの言霊が隠れている場合が多くあると見たほうがよさそうである。
上記の例では問題ないが、そうしたところに濁音や特殊文字を混入させてしまうと、裏に隠れる意味 (こちらがより重要である) が読み取りにくくなることは否めない。

@gejirin1 Twitter 2014/01/28


このよには もはやおもひは
とまらぬと いさみてみるも
はらはまたへる

はらへれば だれしもこころ
けものなる うゑおかすつみ
たがとひえるや

めぐみなく こころうゑれば
をさめえず ふたかみめぐり
ことのはさづく

みとこころ うゑをやわして
のりとほる はしめにおきて
ありきにあらず


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/165-b9b87785
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。