2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事(8)『酒』

2013-01-12 21:37
ホツマツタエのおもしろ記事(8)   



ホツマは酒のことを、「さけ」「ささ」「ささけ」「みき」などと言い表し、
その起源について次のように伝えている。


クニトコタチの時代を「トコヨ」と言うが、その末期に「スクナミ (少名御神)」 という国守が、琵琶湖南岸の「ヰノクチ (井口・水口)」という地域を治めていた。
スクナミは、すずめが竹株に籾を入れるのにヒントを得て、はじめて酒の製造に成功する。


スクナミは造った酒を、御酒(みき) と称して都にいる君(きみ) にささげる。
都は越国 (越前国) の「ヒナルノ岳 (日野山)」にあり、モモヒナとモモヒナが、今まさに新たな君とならんとしていた時であった。


三月三日、二人は、宮の庭に植えた桃の花の下で、その酒を酌み交わす。
器に注いだ酒に逆さの月が映り (さかづき) 、優雅な雰囲気を醸し出す。
まずモモヒナミが飲み、気分が高揚する。次にモモヒナキが飲む。(三三九度)
こうして二人は結ばれ、君となった。


モモヒナキは、スクナミを褒めて「ササナミ」という名を授ける。
また「ヒナルノ岳」は「ヒナが岳 (雛ヶ岳・日永岳) 」と称えられるようにもなった。


ざっとこんなストーリーである。




スクナミは、酒壽 (さかほがい) 祝詞の中に周玖那彌伽未 (スクナミカミ) として出てくる。
スクナミが治めた琵琶湖の南岸には「ヰノクチ山 (猪口山)」 (現在の繖山/観音寺山) があり、その西麓に沙沙貴神社 (ササキ神社) がある。
この一帯を古くは「鷦鷯郷 (ササキノゴウ)」「篠笥庄 (ササケノショウ)」「沙沙貴郷 (ササキノゴウ)」「佐佐木庄 (ササキノショウ)」などと称した。
この神社の祭神は「スクナヒコナ (少名彦神)」となっているが、本来は「スクナミ」だったと思う。
現在も、沙沙貴神社神饌田で御田植祭・抜穂祭を行い、収穫した米で醸造した「神乃滴」という酒があるという。



スクナミは、モモヒナキから「ササナミ (細波・漣)」という名前を賜るが、辞書によると、これは琵琶湖の南西岸地方を指す名前である。


またすずめが籾を入れたという竹株。
竹は「笹の幹 (ささみき)」であるし、竹株は「笹笥 (ささけ)」である。




さけ」「ささ」「ささけ」「みき」 これらの語源を考えてみよう。


「さけ」は「さく」の名詞形で、「さく」は「咲く・栄く・繁く・優く」であり、意味は「UPする」である。

「ささけ」は「ささく」の名詞形で、「ささく」は「捧ぐ・繁々く・騒々く・誘く」であり、意味はやはり「UPする」である。

「ささ」は「さす」の名詞形で、「さす」は「栄す・繁す・誘す・騒す・精す」であり、意味はやはり「UPする」である。

「みき」は「みく」の名詞形で、「みく」は「満く」であり、意味はやはり「UPする」である。

したがっていずれも「栄え茂るもの」「高め・熟成・醸成・精製したもの」、また「気分を高めるもの・気を誘うもの」と言うような意味となる。



関連ページ:ホツマツタエのおもしろ記事(4)『ひなまつり』
関連サイト:http://gejirin.com/hotuma02.html
     :やまとことばのみちのく(2)



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/18-83e36fad
トラックバック
コメント
ウチの娘の世代でいふ
「アゲ アゲ」で御座るかな(微)
宏道 | 2013-07-08 20:12 | 編集
イスラムでは、悪魔の飲み物。仏教では、在家信者五戒のひとつ。ヒンドゥーもほぼ否定的。モルモン禁止。ユダヤとカトリックは神との契約の証としてワインを認める。

嗚呼、日本に生まれて良かったー

ところで、こんな落書きも、、、

飲酒が宗教を信仰するより優れている八つの理由

一、未だ酒を飲まないというだけの理由で殺された者はいない。
二、飲む酒が違うというだけの理由で戦争が起こった試しはない。
三、判断力のない未成年に飲酒を強要することは法で禁じられている。
四、飲む酒の銘柄を変えたことで裏切り者呼ばわりされることはない。
五、しかるべき酒を飲まないというだけの理由で火炙りや石責めの刑に処せられた者はいない。
六、次の酒の注文をするのに、二〇〇〇年も待つ必要はない。
七、酒を売りさばくためにインチキな手段を講じるとちゃんと法で罰せられる。
八、酒を実際に飲んでいるということは、簡単に証明することができる。

なるほどのすけ、、、
宏道 | 2013-07-08 20:30 | 編集
「文明とは燃焼であり
文化とは発酵である」

といふ警句は、愚生のものだが、

さけ、しょうゆ、みそ、みりんをはじめ発酵食品に囲まれる本朝の伝統的食卓は、まさしく高度な文化的生活。
発酵は幸をもたらすが、燃焼は灰をのこすのみ。
化学調味料は文明の証であり、燃焼の果てにあるのは「枯れる」行く末で御座る。
宏道 | 2013-07-08 20:40 | 編集
スクナミ(ササナミ)とスクナヒコナ少彦名命との混同は、ありがち、なので、
ブログ主の解説
http://gejirin.com/src/Su/sukunami.html
を要チェック。
宏道 | 2013-07-08 20:50 | 編集
お酒の神様といへば、松尾大社。全国の杜氏が参拝します。

主祭神は大山咋神。移り住んだ秦氏が氏神として祭祀を継承し、秦氏は造酒に優れていたから酒の神様になった。

境内社にスクナミ神をお祭りしてゐても良ささうなものなのに、見あたらない。
松尾七社の四大神社は、ニニキネか、ホオテミか。
衣手社は、ウヒチニ、スヒチニの面影か?

まあ、秦氏は信心深い「塗り替へ」一族だからなぁ、、、
宏道 | 2013-07-08 21:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。