2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事(9)『床入り』

2013-01-13 01:27
ホツマツタエのおもしろ記事(9)   床入り




「とこ」は、けっこういろんな意味を持つ言葉である。
まずは「床」。これは「下にあるもの・底」「下に置くもの・下敷き・土台」である。


「寝床」は「寝る時に下に敷くもの」で、「ベッド・ふとん」である。
「土台として何かを下に敷く」と、結果としてその分だけ底面が浮き上がる。


だから「一段高く設けた所」も「床」と言う。「床の間」などがそれである。
考えてみると「家の床 (ゆか)」も、地面から浮き上がっている。



クニトコタチやトコヨの「とこ」はどういう意味であろうか。
この「とこ」は「とく (疾く)」の名詞形で、「早まる・急ぐ」などの意である。
「とっくの昔」の「とっく」と同じである。
だからここでの「とこ」は、「早」「earliness」「草創」などの意味である。
ただし上記の「土台」の意もからませているとは思う。



また「とこ (常)」がある。
これは説明が難しいが、やはり「とく」という動詞の名詞形なのである。
これに当てる漢字が無いのだが「つく (付く・継ぐ・接ぐ)」と姉妹で、「合う・つながる・続く・連なる」の意なのだ。
だから「とこ (常)」は「途切れず連続するさま」の意なのである。



また「とこ (所)」もある。
これは場所や位置を表す語尾の「と」「こ」を連続してつくった語である。
「と (戸)」: かま (竈)・い (井戸) など。
「こ (処)」: あそ (彼所)・みや (都) など。

それに、「ろ (路)」: やし (社)・なわし (苗代) など。
を加えれば「ところ (所)」になる。
「ころ (頃)」「とき (時)」なんかもファミリーだ。




前置きが長くなった。本題に入ろう。


だから「とこいり (床入り)」とは「布団に入る」という意味である。
しかしこれは表向きの意味で、実は裏の意味があるのである。


「とこ」は「とく (溶く・融く)」の連用形の異型で、「合わす・交える・和する」などの意。
「いり」は「いる (入る)」の名詞形で、「いる」も同じく「合わす・交える・和する」の意。
つまり「とこいり」は「溶け入る」の名詞形で、「融合・融和・調和・合体」などの意なのである。
そしてこれは「男女が溶け合うこと・男女が合体融合すること」なのである。


「床入り」の前に飲むのが「とこみき (床酒)」で、これも男女を「溶かす酒・融合させる酒」の意であるが、「ささみき」とも呼ばれている。「ささ」は「繁々・騒々・壮々・誘」の意で、「気分を高める酒・興奮させる酒・その気を起させる酒」の意。


そして男女の融合・調和によって、子供が生まれる。(融合・調和=繁栄)
この等式を拡張すると、世の繁栄のためには融和・調和が必要で、その調和を得るためには「経 (法)」と「矛 (戒)」が必要であると言っているのである。




ホツマの記述を見てみよう。

『女神 まず 飲みて進むる 後 男神 飲みて交わる 床の酒』ホツマ2文

『二神の 交わる時に 床酒や 床は経矛に 子をもとむ』ホツマ2文

『天の守より 二神の 七代の幹も 経矛法 子を調ふる 床酒の 法 以て』ミカサ2文

『床酒は先ず 女が飲みて 後 男に進む 床入の 女は言 挙げず 男の装い 女が知り 婚ぐ』ホツマ4文

『子を調ふる 床酒は 国 生む道の 教えぞと』ホツマ4文




参考サイト:やまとことばのみちのく
     :http://gejirin.com/hotuma02.html
     :http://gejirin.com/hotuma04.html



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/19-4036bade
トラックバック
コメント
「床入り」

キター
宏道 | 2013-07-08 21:50 | 編集
トコとトク(融く)
イリとイル(合る)

床入りに秘められた重層的な官能哲学に驚愕です。理趣経的密教秘儀の淵源は、あんがい本朝のおおらかな風儀に根っ子があるのかもしれませんね。

ホツマの秘伝を本朝の修験諸流につながる何者かが護持してゐた形跡を各所に見出しますが、修験のかれらが「清僧」ではなかつたところに、かれらのヨリドコロをみる気が致します。

仏経典を極めれば女人忌避は避けざるを得ないのに、敢えて妻帯を択ぶ。伊勢の道は、修験の(隠された)第一戒律であったのかも。

尤も、肉食妻帯が常態と化した今日の日本仏教界の腐敗をみると、なんだかな、の思ひもいたしますが、、、
宏道 | 2013-07-21 12:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。