2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事(23)『枕詞』

2013-01-18 15:04
ホツマツタエのおもしろ記事(23)  枕詞



「まくらことば」とは「枕とする言葉」である。
「まくら」は「(頭の) 下に敷くもの・先に置くもの・土台」だから、「まくらことば」とは「先に置いて主たる言葉の土台とする言葉」という意味である。
ホツマにはたくさんの枕詞が出てくるが、幾つかについてはその由来を説明している。



【あしひき】

ホツマは最初に「あしひき」の由来について説明している。これはイザナミの死とそれに対するイザナギの行動が元となっている。かなり込入っていてしかも深い。
「あしひき」は「やま」に掛かる枕詞だが、「やま」は「山」ではない。なんとこの「やま」は、もともとは「よみ (黄泉)」と「やまと (和)」なのである。

一つは、イサナギが、焼け焦げて死んだイサナミの姿に驚愕して『足を退き』、またイサナミが放った八人の鬼霊 (黄泉醜女) により、黄泉から『足を退かされ』帰ったことによる。
この「足退く」は「~から手を引く・身を引く」と同じで、「離れる・しりぞく」の意。「よみ (黄泉)」は「やま (病・疚)」「やみ (闇)」などの変態である。

もう一つは『葦引き』で、二神が葦原の葦を引き抜いて田を拓いたことを言い、これは政治不在のため荒廃していた民心を調えたことの喩えである。
ヤマト」は「中国 (なかくに)」の別名であるが、「中央」という意味と、もう一つ「和・調和」という意味がある。荒廃していた日本の中央の国に、二神の「葦引き (草取り・準備作業)」によって調和がもたらされたという意味である。

『足退きの黄泉』であり『葦引きのヤマト』なのである。


『髻の黄楊櫛 辺歯を 灯とし見れば 蛆 集る "厭や 醜めき 汚なき" と 足 退き 帰る』ホツマ5文

『鬼霊に追わす 善し悪しを 知れば足退く 黄泉境』ホツマ5文

『禊に民の調ひて イヤマト 徹る 葦引きの 千五百の生田の 瑞穂 成る マトの教えに かかんして のん アワ国は てん ヤマト 引きて開るき 葦原の 歌も悟れよ マト道の 徹らぬ前の 葦引の 枕言葉は 歌の種』ホツマ5文

『千五百の葦も 皆 抜きて 田となし 民も 賑えば ヰヤマト 徹る ヤマト国』ホツマ23文

『垂の勇[死の諌]は 妻の殯を ミクマノの 神の諫めの 足ぞ退きける』フトマニ127



【しまつとり】

「しまつとり」は「う」にかかる。
カナサキ (宇都志日金折命) の遠祖に「シマツヒコ」という人がいた。シマツヒコは近江国の安曇川で、朽木に乗る鵜の鳥を見て、初めていかだを造り棹を刺すことを覚える。これが船の元となる。
(安曇川は、別名を朽木川ともいう。)

『船は往にし代 シマツヒコ 朽木に乗れる 鵜の鳥の アヅミ川 行く いかだ 乗り  竿刺し 覚え 船と成す』ホツマ27文



【おきつとり】

「おきつとり」は「かも」と「ふね」にかかる。
上記「シマツヒコ」の子に「オキツヒコ」という人がいた。オキツヒコは鴨を見て櫂を作り、鴨船を開発する。
「鴨船 (かもぶね)」というのは、鴨が足を前後に掻いて泳ぐように「櫂で漕ぐ船」をいう。対馬では今でも大型の舟を「ワニ」、小型のを「カモ」と言うそうだ。

『子のオキツヒコ 鴨を見て 櫂を作れば』ホツマ27文




参考サイト:http://gejirin.com/hotuma05.html
     :http://gejirin.com/hotuma23.html



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/33-153f1335
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。