2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホツマツタエのおもしろ記事(35)『おみこしの起源』

2013-01-23 09:22
ホツマツタエのおもしろ記事(35)  おみこしの起源



みこし (御輿・神輿) とは、まつりの時に大勢でかつぐ例の物である。→ 写真
鳳輦 (ほうれん)」とも言い、今は四角形・六角形のものも多いが、本来は八角形である。屋根の上に鳥が一羽とまっている。

神輿は、アマテル神の外出用の乗物が起源なのである。
高御座 (たかみくら)」を移動用の乗物に仕立てたものと言っても良い。→ 写真

ホツマの中では「斎鳥の出車 (いとりのてぐるま)」「八房輿 (やふさこし)」「八房御車 (やふさみくるま)」「御幸輿 (みゆきこし)」などと表現されている。
「車 (くるま)」と言っても、ここでは「くるくるまわる物」ではなく「交る物・駆る物・乗る物」の意で、「輿 (こし)」と同じ物である。そういえば「輿」と言う漢字も、中に「車」が収まっているではないか。



オモタル・カシコネは、姉妹国ヒタカミの協力も得て、ほぼ日本全土の統一を完成していた。しかしこの天君 (中央政府の総帥) には世継ぎの御子が生れることがなく、ミナカヌシ以来続いた皇統はついに断絶する。中央政府を失った日本は、次第に荒廃していった。

タカミムスビのトヨケ (豊受大神) は、この窮状をなんとかするため、暫定的にヒタカミをタカマ (中央政府) とし、本家の立場を引き継いで日本全土を総括した。トヨケは、自分の娘のイサコ (伊弉冉尊) と、根国を治めていたアワナギの子のタカヒト (伊弉諾尊) を結婚させ、その子を以て天君とし、真の中央政府を復活しようと図る。

ヒタカミと根国が手を結ぶことにより「天地つ日月の君」となった二神 (イザナギとイザナミ) は、近江の「オキツボ」を都とする。「ヤヒロトノ (八尋殿・八紘殿)」を建て、ここを中心として全国を巡り、退廃した日本に再び「経矛の道 (法と戒の道)」を敷き、臣民を指導し、産業を復興させてゆく。二神の尽力の甲斐あって、中央部から地方へと法による秩序がしだいに回復して行き、産業の復興も軌道に乗り始めた。

この時点で、イザナギ・イザナミの二神にはすでに「ワカ姫 (蛭子)」が生まれているが、まだ世嗣の御子は生まれていない。オモタル・カシコネの記憶がまだ生々しい時だけに、二人は世嗣の重要性を痛いほどに感じていた。

ミナカヌシに始まるクニトコタチの皇統がオモタル・カシコネで断絶し、その後を受けて天つ君となった二神の立場は苦しい。「妥協の暫定政権」とでも言うべき立場である。二神の世嗣にはクニトコタチに匹敵する高貴さが要求される。並の世嗣では世の臣民は納得して服わないだろう。二神を「天地つ日月」に仕立てたトヨケもそのことを痛感していた。

そこでトヨケは「カツラキ山」(山形県の鳥海山) に「世嗣社」を建て、二神の世嗣に尊い神が降誕することを願い、自ら8,000回の禊を以て根源神「アメノミヲヤ (陽陰の上祖)」に祈る。豊受神の別名「大物忌大神」は、トヨケが行った「8,000回の禊」を示す名前である。

『世嗣社の 色垂は アメノミヲヤに 祈らんと トヨケ 自ら 禊して 八千座 契り』ホツマ4文



その時、天から丹色の斎鳥 (いとり) の羽が一枚降ってきたのである。トヨケは「これは自分の熱烈な意向が成就するという、天からの知らせのもみぢに違いない」と確信する。これにより「カツラギ山」は「斎鳥山 (いとりやま) 」とも呼ばれるようになる。 (「もみぢ」は「もみつ (紅葉つ)」の名詞形で「成熟・実り」などの意。)

『カツラキの 世嗣社に 御種 祈る 時に天より 丹斎鳥の 一羽 落つれば 天つ宣 これは息吹の 成るもみぢ 化けてカツラキ 斎鳥山』ホツマ16文

『神祈 通りてぞ アメノミヲヤの 眼より 漏るる日月と 天元神 三十二の神の 守る故 子種 成ること 覚えます』ホツマ4文



鳥海山は古くは、鳥見山、大物忌山、日山、羽山、鳳山、などと呼ばれており、おそらく「とりみやま (鳥見山)」が「とりうみやま (鳥海山)」に解釈されたものと推察する。「出羽」という国名も「斎鳥の羽が出た国」と言う意味だろうと思われる。

斎鳥には中国の「鳳凰」が当てられているが、斎鳥の語意は「尊い鳥」というシンプルなものであり、中国の鳳凰と同一のものとは考えられない。しかしこれが「神輿」「鳳輦」「高御座」の上に鳳凰がとまっている由来である。



こうして根源神アメノミヲヤの左右の眼に相当する、日と月 (太陽と太陰) の神霊が、二神の御子として降誕した。
トヨケは出車 (おそらく斎鳥山の桂の木で造ったもの) を造り、それを「桂の迎ひ」と称して、ハラミ山麓のサカオリ宮に持って来る。アマテルをヒタカミに連れて行って教育するためにである。

『カツラギ山の 八千禊 済みて斎鳥の 出車を 造り 桂の 迎ひとて ハラミに伝ふ ある形』ホツマ4文

『ホツマ君 カツラギ山の 八千座の 禊も満ちて カツラギの出車 成して 迎えんと ハラミ山下に 伝え寄る』ミカサ逸文

『トヨケにて 天御子 養す 物語り 召す出車を ヒタカミへ 御幸の君は 八房輿』ホツマ4文



「てぐるま 」は辞書には「手車・輦」で「手で引く車」とあるが、本来は『出車』で「外出用の乗物」という意味だと思う。「山車 (だし)」や「出し車 (いだしぐるま)」と同じだろう。

また「桂 (かつら)」は、「かつる」という動詞の名詞形。
「かつる」は「かつ (勝つ・上つ)」から派生したもので、「高まる・優れる・至る・中心にある」などの意。
よって「桂 (かつら)」は「高み・至り・中心」であり、これは「タカマ (中央・都)」を象徴する木なのである。
だから『桂の迎ひ』とは、「タカマ (中央政府・都) の迎い」ということである。



こうしてアマテルは「斎鳥の出車 (=八房輿)」に乗ってヒタカミに向かった。
そしてこれが「神輿」「鳳輦」「高御座」の原型である。
しかしどうしてこれらは八角形なのだろう?

それは「フトマニ図」や「九曜紋」を見るとわかる。
アマテルは根源神アメノミヲヤの左右の眼に相当する、日と月 (太陽と太陰) の神霊の顕現である。つまりアメノミヲヤ・ミナカヌシと三位一体なのである。現にアマテルを指して、アメノミヲヤと呼んでいる箇所も存在する (ホツマ12文)。

そしてアメノミヲヤはフトマニ図の中心に座して、その八方を「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」の天元神が守っている。これを八角形で表しているのである。また八角形には「中心にあって八方を照らす君」という意もある。



参考サイト:http://gejirin.com/hotuma04.html
     :http://gejirin.com/hotuma16.html
     :http://gejirin.com/mikasa-itubun.html


  
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://divinehuman.blog.fc2.com/tb.php/45-2ef0a248
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール +

御預二号

Author:御預二号
FC2ブログへようこそ!

最新記事 +
最新コメント +
最新トラックバック +
月別アーカイブ +
カテゴリ +
検索フォーム +
RSSリンクの表示 +
リンク +
ブロとも申請フォーム +
QRコード +
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。